Apéritif 365 アペリティフ365 in Tokyo

今年も代官山でアペリティフ365が開催されました。
アペリティフは食前酒として知られていますが、ちょっとしたおつまみとお酒で仲間と楽しむひとときというフランス流ライフスタイルを流行らせようと、フランス政府主導でアペリティフの日が制定されてました。その後、世界中でアペリティフのイベントが開催されてきました。しかしそれは6月であり、日本にとっては梅雨時でイベントをやるには不都合。そのために日本ではアペリティフ365と名称を変え、毎日がアペリティフという意味で、日本各地で行われるイベントの時期は様々になりました。

今回はILE DE FRANCEというフランスチーズがスポンサーとなりオープニングイベントが開催されました。ILE DE FRANCEはフランスからアメリカに最初にカマンベール、ブリーを輸出した豪華客船の名前が由来になっていて、冷蔵庫で運ばれたためにとても美味しかったそうです。
この名前の由来から、今回のパーティーも豪華客船をイメージした装飾です。当時流行したアールヌーボー調は会場の装飾のみならず、ライブ演奏やチーズをサーブする人の服装、モデルの服装までに及びます。

特別ゲストは俳優の高橋克典さんは、仕事で豪華客船に乗ったことがあることが起用の理由だそうです。
Facebook/Twitter/YouTubeなどでも会場の様子をおつたえしていきます。
2016年5月20日〜22日
代官山ヒルサイドテラス

今年の記事一覧
第二回ギャルソンレース

昨年のアペリティフ365の記事
Aperitif 365 in Tokyo 2015
APERITIF365 (アペリティフ365) 2015
第1回ギャルソンレース
DAIKANYAMA APEROCK FES (Aperitif 365)
三國清三シェフによるセミナー(テーマ:アキテーヌ地方)
河野透シェフによるセミナー(テーマ:ブルターニュ地方)
アペリティフ365(2014)

アペリティフの日
アペリティフの日(2012)
6/7日はアペリティフの日「アペしない?」(2012)
6月4日アペリティフの日開催!(2009)

Happy Aperitifとフランスワイン(2005)

フランス関係のグルメイベント

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  2. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  3. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  4. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  5. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  6. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  7. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
ページ上部へ戻る