BonjourFrance2016 オススメショップ

6階
○カフェ リチュエル
シングルオリジンのコーヒーのみを扱う新進のパリのカフェです。

シングルオリジンとは、ストレートとも違うコーヒー豆のことです。ストレートとは、ブラジル、コロンビア、グアテマラのように国の名称で呼ばれているものか、キリマンジャロ、ブルーマウンテンのように地域を指定している豆のことですが、シングルオリジンとは○○農園など、生産者や製法が特定された単一の豆のことです。最近話題のスペシャルティーコーヒーはこちらで、サードウェーブコーヒーの流行も伴って急速に認知されています。たとえば、丸山珈琲やローソンのマチカフェにもシングルオリジンシリーズなどが登場しています。

勿論嗜好品ですので、今まで飲んでいる珈琲より確実に美味しいということは言えませんが、珈琲の味わい方が変わります。スターバックスなどはエスプレッソを使いミルクなどを混ぜますが、ハンドドリップで淹れた珈琲は、香りや酸味の違いを楽しみます。珈琲とは思えないフルーティーな香り、嫌な感じのないスッキリとした酸味などを味わいます。

○パスカル・ベイユヴェー
パリで人気のミルク缶たっぷりのバターです。とても数量が少ないので、すぐ売り切れることでしょう。

○ア・ロリヴィエ
1822年創業のオリーブオイル。こちらの数量が限られています。

その他、YouTubeでも紹介していますので、是非ご覧下さい。(チェンネル登録もよろしくお願いいたします)

ラクソン(ミラベルタルト)

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  2. 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
  3. フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  4. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  5. フランスは世界の学力で中位

    OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial