世界最古のブドウの木から飲む

スロベニア マリボルの旧市街の中心部に位置する最古のブドウは、16世紀にさかのぼる世界最古のブドウです。この植物は、世界で最も希少なワインの1つを作るために使用されるブドウをまだ生産しています。RFIのDhananjay Khadilkarはマリボルから報告している。

この家は、中世、つまり16世紀に建てられたものです。そして、この家の最大の魅力は、もちろん、家の前に建っているものです。

マリボルのドラヴァ川沿いにある3階建ての建物、オールド・ヴィンハウスの外側に生えている世界最古のブドウの木を指差すのはマルコ・フィリピックです。樹齢450年のこの植物は、マリボルにとって最も重要な自然遺産です。現在もブドウを生産しているこの工場の驚くべき点は、戦争や疫病など、4世紀にわたる混乱を乗り越えたことだ。マリボル観光局の職員であるフィリング・ジ・リピッチが詳しく説明する。

中世の終わり、オスマン帝国はマリボルの街を攻撃した。私たちが今いるこの建物、つまりオールドワインの家は、かつて街の壁、つまり街の防御的な南壁に属していた。その時、ワインはすでにオスマン帝国の軍隊にさらされていたのです。しかし、何とか生き延びた。そして17世紀、マリボルは何度も火災に見舞われたことで知られています。この建物も、屋根が木と枯れ草でできていたため、火にさらされていた。家の一部が焼けてしまったこともありましたが、マリボル市民がワインの木を救ったそうです。19世紀には、ワインの疫病であるフィロキセラがありました。フィロキセラは、ヨーロッパ中のワインの99%を枯らしたと言われています。最古のワインの木もフォロキセラに襲われた。しかし、最古のものは、根が深く、川(ドラヴァ川以外)につながっていたため、とても回復力があり、生き延びたのです。第二次世界大戦では、街全体が大惨事に見舞われましたが、外のワインの木も爆撃を受け、この建物の一部も被害を受けました。このワインの木は、実は再び生き残ったのです。

このワインはザマトヴァという赤の品種で、スロベニアのワイン文化を象徴するものでもあります。

ペンシルベニア州は、まだ世界的にワインの産地として知られていませんが、ケルト人の時代からワイン文化が発展し、その後ローマ帝国がこの文化をさらに発展させました。そして、ここ数年、ワインの生産量、ワインの品質ともに、世界の地図に載るようになったと言えるでしょう。最古のワインの木は、マリボル市民にとって特別な意味を持っています。この街とその周辺に住む私たちは、世界で最も古いワインの木がある街に住んでいることを、とても誇りに思っています。

当然のことながら、この古いワインハウスには世界中から多くの観光客が訪れています。シドニー在住のTさんが体験談を語ってくれました。

大好きです。本当に素敵な場所です。ブドウの木を見たり、中に入って少し説明を受けたり、実際に作られたワインを見たりするのは最高です。姉妹で作ったワインです。似たようなものを買うことができ、かなりリーズナブルです。素敵な、よく整備された場所です。そして、S loveniaの他の地域ではロゼを手に入れるのに苦労していたので、私たちは素敵なロゼを手に入れ、娘に似たワインを家族に持ち帰って試してもらうことにしました。そして、娘にも同じようなワインをプレゼントしました。

では、この希少なワインの味はどうなのか。このワインは非売品なので、その答えを知っている人はあまりいないでしょう。ワインは非売品であるため、その答えを知る人は少ない。年間35~55kgのブドウを収穫し、25リットルのワインを生産するのみである。1本あたり250ミリリットルの容量で、100本のボトルで保管されます。ビル・クリントン、ダライ・ラマ、ブラッド・ピットなど、多くの人に愛飲されている。Dhananjaya Khodelker、ペンシルバニア州マリボルのRFIに。

https://www.rfi.fr/en/20181022-slovenia-oldest-vine

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1356
Enable Notifications OK No thanks