フランス政府は食肉生産者に亜硝酸塩含有量を減らすよう求めている

フランス政府は、抗がん支持者が求める完全な禁止を課すことなく、ハムとデリ肉生産者に亜硝酸塩の使用を減らすよう求めた。

農業省によると、政府の行動計画は、デリ肉の「亜硝酸塩添加物の即時削減」を約20%削減することを目的としており、業界団体Inaporcによると、ベンチマークは業界コードの一部であり、年間120万トンの製品を生産する300人ほどの生産者の国家検査の基礎になると述べた。

政府は詳細を提供せずに、制限を尊重するためにプロセスとレシピを変更するセクターを支援すると述べた。

がんのリスク

デリ肉生産者は、亜硝酸塩添加物を使用して製品を保存し、細菌、特にボツリヌス症の発生を停止しています。亜硝酸塩はハムにピンク色を与えるものです。

フランス食品・環境・労働安全衛生庁(Anses)は、2022年7月に、加工肉を発がん性に分類した世界保健機関の評価に合意し、政府は亜硝酸塩削減計画に取り組みました。

遅れたこの計画は、最も消費されたデリ製品、特にベーコンビット(ラードン)、鉢植え肉(リレット)、ドライソーセージ(ソーシソン)に使用される亜硝酸塩の量を25%削減し、6〜12ヶ月以内にハムの亜硝酸塩を少なくとも30%削減する予定です。

新鮮なソーセージの亜硝酸塩は4月までに30%削減し、1年以内にゼロに減らす必要があります。

十分ではありません

亜硝酸塩添加物の完全な禁止のためのキャンペーンを行っているフードウォッチ消費者権利グループと癌に対するフランスのリーグは、自発的な削減を行うことを決定した「政府の臆病さ」と呼ばれるものを非難した。

グループは、食品添加物E249、E250、E251およびE252 – 亜硝酸カリウム、亜硝酸ナトリウム、硝酸カリウム、硝酸ナトリウムの禁止を望んでいる。

政府は、5年以内に「ほとんどの製品における亜硝酸塩の排除」に向けて、今年から研究とイノベーションの遊びを実施すると述べています。

生産者は、削減計画を実施する準備ができていると言いますが、食肉製品が消費に安全であることを保証するための代替手段が存在しないため、亜硝酸塩の禁止は解決策ではありません。

(ニュースワイヤー)

https://www.rfi.fr/en/france/20230328-french-government-asks-meat-producers-to-use-fewer-nitrites

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks