フランスのワインメーカーは、カビがボルドーのブドウを荒廃させるため、援助を嘆願する

フランス最大のワイン生産地であるボルドーの生産者は、今年はカビのために大きな損失に直面していると警告しています。地元のブドウ園の90%が真菌の影響を受けており、ワインメーカーは気候変動によって生み出された湿った暖かい条件のせいにしています。

ボルドーのAOC(「原産地呼称ド・コントロレ」、または保護された原産地呼称)のワイン生産者協会の会長であるステファン・ガマールは、被害は前例がないと述べています。

「農業商工会議所は、区画の90%が影響を受けると推定している」と彼は水曜日にFranceInfoニュースラジオに語った。ダメージはブドウの木の数パーセントから100%の範囲で、生産量は完全に一掃されます。

主な収穫の数週間前に、ガバードは「ボルドーでの生産は再び減少するだろう」と警告した。

ワイン生産者は、高温と大雨の組み合わせが真菌の増殖につながった6月下旬以来、カビの「流行」を警告してきました。

「ブドウの葉は一日中湿ったままだった。それらはカビが成長するのに理想的な条件だ」とガバードは言った。

ダウンカビとして知られている真菌は、ブドウの葉に黄色い斑点を残し、若いブドウを枯れさせます。

「亜熱帯」の天気

この問題は、ドルドーニュ、ジェール、ロット・エ・ガロンヌ、ピレネー・アトランティックなど、南フランスの他のいくつかのワイン産地にも襲っていますが、ボルドーのジロンド地域は最悪の打撃を受けているようです。

地元の国会議員は、生産者が気候関連の損失に対して州から補償を請求することを可能にする動きである「農業災害」を宣言するよう政府に求めた。

ギャバードは、通常の海洋性気候ではなく、ジロンドの天気は実質的に「亜熱帯」だったと言います。

「2ヶ月間、ここはマルティニークのように感じました」と、別の地元のワイン生産者、ミカエル・クシネは7月中旬にL’Express誌に語った。

不確実な収穫

フランスのブドウの収穫は8月下旬に始まり、9月にピークを迎える予定です。

火曜日に発表された最初の公式予測で、農業省は、さらに北のシャンパーニュとブルゴーニュ地域の有望な季節のおかげで、今年の全体的なワイン生産量は平均と一致していると予測しました。

フランス最古のシャンパン生産者、メゾン・ルイナールのセラーで
しかし、ボルドーと南西部でカビがどれだけの被害を与えたかはまだ明らかではない、と同省は警告した。一方、ラングドック・ルシヨンの南中部地域は持続的な干ばつに見舞われていると述べた。

暫定予測によると、フランスは2022年の4540万ヘクタールと比較して、2023年に4,400万から4,700万ヘクトリットルのワインを生産する軌道に乗っている。

https://www.rfi.fr/en/france/20230809-mildew-bordeaux-wine-france

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks