フランス最古のシャンパン生産者、メゾン・ルイナールのセラーで

フランス東部の町ランスに拠点を置くメゾン・ルイナールは、世界最古のシャンパンハウスであると主張している。Covid-19の制限のために一般に閉鎖され、その施設は地下セラーへの排他的な訪問のためにRFIに門戸を開いた。

緑豊かなシャンパーニュ・アルデンヌ地方に位置するシャンパンハウスは、100年前の荘園のグループであり、フランスのシャンパン製造の中心にあります。

フランスの「アール・ド・ヴィーヴル」

上品なサロンで、ルイナールのホスピタリティマネージャー、オリヴィエ・リヴォワールは、シャンパンがハイリビングと密接に関連している理由を説明します。

叔父からシャンパンを作る秘密を学んだ布商人ニコラ・ルイナールは、1729年にフランスの町エペルネで最初のシャンパンハウスを作りました。

ルイナールのシャンパンマナーのメインサロン。左端、1729年にシャンパンハウスを設立したニコラス・ルイナルトの肖像画。© Arnab Béranger / Maison Ruinart
ルイナールのシャンパンマナーのメインサロン。左端、1729年にシャンパンハウスを設立したニコラス・ルイナルトの肖像画。© Arnab Béranger / Maison Ruinart

「シャンパンは、フランスのアール・ド・ヴィーヴルと同時に、啓蒙時代の18世紀に生まれました」とリヴォワールは言います。

リヴォワールによると、これは豪華なフランスの生活が世界中の上流社会の代名詞になり始めたときでした。

シャンパーニュは、フランスの「アール・ド・ヴィーヴル」と同時に18世紀に生まれました。(ルイナールサロンで18世紀のシャンパンを描いた写真) © Arnab Béranger / Maison Ruinart
シャンパーニュは、フランスの「アール・ド・ヴィーヴル」と同時に18世紀に生まれました。(ルイナールサロンで18世紀のシャンパンを描いた写真) © Arnab Béranger / Maison Ruinart

チョーク鉱山からシャンパンセラーへ

18世紀後半、ニコラ・ルイナールの息子クロードは、ビジネスを拡大しようとし、ランスの町で放棄されたチョーク採石場を発見しました。

「これらの採石場は、高いレベルの湿度だけでなく、常に涼しい温度と非常に少ない光を持っていました。これらはワインが熟成するのに最適な条件です」とリヴォワールは言います。

クロード・ルイナールは、これらのチョーク採石場をシャンパンセラーに変換することにしました

13世紀の放棄された石の採石場は、何十万ものシャンパンボトルを収容するのに最適な条件を持っています。© Arnab Béranger / Maison Ruinart
13世紀の放棄された石の採石場は、何十万ものシャンパンボトルを収容するのに最適な条件を持っています。© Arnab Béranger / Maison Ruinart

階段は、地上40メートル下の地下洞窟に通じている。

何十万ものシャンパンボトルが、見渡す限りきれいに積み重ねられています。

ルイナールのシャンパンセラーで見渡す限り積み重ねられたシャンパンボトル © Arnab Béranger / Maison Ruinart
ルイナールのシャンパンセラーで見渡す限り積み重ねられたシャンパンボトル © Arnab Béranger / Maison Ruinart

シャンパンツーリズムの再発明

洞窟のようなワインセラーを備えた壮大なシャンパンマナーは、2015年にユネスコの世界遺産に登録されました。

通常の状況では、何千人もの外国人「シャンパン観光客」がパリから日帰り旅行を行い、世界のユニークなシャンパン製造地域であるシャンパーニュ・アルデンヌを訪れます。

しかし、それは昨年の夏のCovid-19の発生以来変わりました。

しかし、ランス市長のアルノー・ロビネットは、訪問者の起源だけが変わったとRFIに語った

ランス市長のアルノー・ロビネットは、Covid-19のパンデミックを受けて、海外旅行がほぼ停滞し、シャンパン観光はヨーロッパとフランスの訪問者のために「再発明」されていると述べています。(Reims町役場、2021年2月25日) © Arnab Béranger
ランス市長のアルノー・ロビネットは、Covid-19のパンデミックを受けて、海外旅行がほぼ停滞し、シャンパン観光はヨーロッパとフランスの訪問者のために「再発明」されていると述べています。(Reims町役場、2021年2月25日) © Arnab Béranger

「私たちのアメリカ人、日本人、ブラジル人、オーストラリアの友人はもう来ません。ここの観光はヨーロッパになりました。現在、ベルギー人、英語、フランス人の訪問者がますます増えています。

したがって、Covid-19により、フランスのシャンパン観光はフランス人にとって「再発明」されました。

(このレポートのビデオ撮影を手伝ってくれたヴァネッサ・フレイに感謝します)

https://www.rfi.fr/en/culture/20210306-in-the-cellars-of-france-s-oldest-champagne-house-ruinart-wine-history

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1525
Enable Notifications OK No thanks