頭角を現すお菓子、マカロン

メレンゲの殻を2つくっつけただけの何の変哲もない小さなケーキだが、20年もの間、世界中の味覚を刺激し続け、このケーキのためにパティスリー「ラデュレ」の前に数時間の行列を作る人もいるほどで、自分へのご褒美として食べることもできる。この小さなお菓子で頭角を現すのがマカロンです。

マカロンです。
彼はバッシャール・アル・アサドを望んでいる。
の半分を横切っていることがわかるはずです。
ラデュレのマカロンを買いに来てくれる人たち。
日本の女性たちが話し始めるとすぐに
をカワイイカワイイと言いながら、目を輝かせて周りを見回し始める。
ラデュレのCEO、ダヴィッド・オルデール。
この小さなマカロンの秘密を教えてくれました。
小さなお菓子なんです。
丸くて、小さくて。
色彩に満ちています。
手軽に食べられます。
そして、誰にでもアクセス可能です。
成功の秘訣は、マカロンを許したことでもあります
パリを飛び出し、フランスを飛び出す。
20年後にはターンオーバー
ラデュレのメゾンは、2 億ユーロから 1 億 2600 万ユーロに上昇しました。
自分でもびっくりしたんですよ、1回目は。
を見ると、このボタンがいかにもパリらしいエピフェノメノンであることがわかります。
実はあまり知られていないのですが、数年後に自分自身を発見することになります。
世界のあちこちのパン屋さんで
というベンチマークが必ずあるのですが、今日は。
マカロンを作らない洋菓子店はない。
フランス菓子の代表的な存在となっている
三日月、サントノーレ、尼僧、稲妻のようなものです。
フランス以外の国でも、チョコレート、コーヒー、アーモンド、プラリネなどの定番商品以外でも。
私たちはこの職業に就いていて、クリエーションに制限がないのは幸運なことです。
季節やインスピレーションによって変化します。
世界中を旅していると、味や風味を拾ってしまうものです。
無制限です。
毎日、何かを生み出すことができた。
味の多様性が見事な製品です
と、チョコレート、バイオレット、レモンと組み合わせることができる色?
お菓子の世界では、マカロンは完全にユニークな商品です。
そして、ヨーロッパの人々が塩バターキャラメルマカロンに好意的であるならば。
アジア人は甘さを抑えたフルーツやバラを好むでしょう。
しかし、最も魅力的なのは、そのことです。
この小さなケーキに、フランス流の生活術が込められているのです。
無意識のうちにそう思っているんです。
ラデュレのマカロンを食べた日本の少女たちは、自分のことをこう思っている。
小トリアノンでの当時のマリー・アントワネット。
サントノーレのバラを試飲しながら、ちょっと淫らな感じで。
それが、この小さなお菓子のまわりにある夢を伝えることにつながっているのです。
そして、味覚はまだまだ暴走しています。
もちろん、マカロン、マカロン。
この小さなケーキのために、イスラエルから来たんです。
パリに来て3日目なのに、食べるのは私のニンジンばかり。
マカロン、マカロン。

このマカロンのためにBean to Bar CHOCOLATEを開業するところから始まった。

https://www.rfi.fr/fr/emission/20140101-macaron-patisserie-fait-tourner-tetes-meringues

Default image
Antenne France
Articles: 652