ネスレは、大腸菌の症例に関連したフランスのピザ工場を販売するために交渉中

スイスの食品大手ネスレは月曜日、冷凍ピザが昨年の大腸菌によって引き起こされた致命的な食中毒の発生の中心にあったフランスの工場の売却を交渉していると述べた。

同社によると、2人の子供が亡くなって以来、ブイトーニピザブランドの売り上げは急落し、「Fraich’Up」ラインのピザを食べた後、2022年にさらに数十人が病気になった。

フランス北部のコードリーの工場で生産が停止され、ネスレは7月に、今年末までに工場を完全に閉鎖する前に125人の雇用を救いたいと述べた。

月曜日、同社は56カ国で顧客に供給する6社を運営するイタリアのグループItalpizzaへの売却のための「独占交渉」を発表しました。

汚染された冷凍ピザ

保健当局は、大腸菌によって引き起こされる子供の腎不全が相次いだ後、2022年2月に食中毒を調査した

ネスレは、カウドリーのブイトーニの両方の生産ラインを閉鎖し、リコールを発表し、社内テストでは生産ライン内またはその周辺で大腸菌の痕跡は見つからなかったと述べたが、2021年10月から2022年2月の間に作られた冷凍ピザが汚染されたことを認めた。

バクテリアは、ベースを作るために使用される小麦粉、過去に警告を受けた工場の衛生状態の悪さ、または食品に干渉するげっ歯類から導入された可能性があります。

検察官は、1件の非自発的な殺人事件と14件の非自発的な身体的危害事件の調査を開始した。

3月、ネスレは被害者の家族に対する補償契約に署名したが、その財務の詳細は明らかにされなかった。

(AFP)

https://www.rfi.fr/en/france/20231114-nestlé-in-talks-to-sell-french-pizza-plant-linked-to-e-coli-cases

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1696
Enable Notifications OK No thanks