牛肉の二酸化炭素排出量を削減するプロジェクト

農業部門はフランスの温室効果ガス排出量の19%を占めており、2019年の数字によると、国家レベルで2番目に大きな排出項目です。この影響を減らすためにプロジェクトが開発されました。

[ja] 牛肉の二酸化炭素排出量を削減するプロジェクト

バレッタのグランドチャンピオンまで、あと4つです。

牛や雄牛がいる間

または競技用航空機、Institut de l’élevageが発表しています。

さらなるパフォーマンスの向上を目指しています。

カーボンフットプリントを15%削減

メールマガジン購読

この目標を達成するために、

いくつかの行動指針が示されています

食料自給率の向上など。

BEVの環境担当者であるギョーム・ゴーティエは

自分の農場に

変更を加える予定です

もっと文化を入れていこうと思います。

作物や草、そして何より外飼いやミールの

購入が節約できるものをもっと投入してみようと思います

夏に飼料を作るには少し複雑な年もあるので

早い時期に草を育てることで生産し

草地をローテーションに入れることです。

また、かなり重要な炭素回収への影響もあります。

もう一つの目的は、効率を高め、

子牛の死亡率を下げ

初産年齢を前倒しすることなどです

この点、シャロレー農家は、

牛群のごく一部に対してだけ方法を変えるのです

動物たちは普通に育っています。

これにはとても気を遣っています。

何はともあれ、努力は必要なのです。

早産で苦しむ動物が少なくなるというように、

無駄を省くことで、さらに上を目指すことが可能です

と、Institut de l’élevageのJosselin Durand氏は説明します

その他、牛群遺伝学などの作用因も研究されています。

おそらく小さい牛を選びます。

もっと早く草をうまく利用するものです。

また、腸内発酵やメタンガスの排出を減らすために

餌を工夫することも可能です

環境パフォーマンスの向上は

経済パフォーマンスの向上にもつながると

研究所は断言しています

一部の農家は最終的にその努力を採算に合うようにするために

別のプログラムである炭素クレジットの販売に移行しました

Institut de l’élevageの環境責任者Jean-Baptiste Dollé氏

137,000トンに相当するプロジェクトの第一次募集で

25%が売れました

フランス・カーボン協会の目標は、

この炭素を1トンあたり38ユーロで売ることです

削減量に関連するクレジットは

排出量ではなく、性能で判断しています

すでに高い業績を上げている人は、少しの支払いになります

これは、低炭素ラベルをめぐる

良いものにも報酬を与えるという問題の全体像です。

目標を達成するために既に実施されています

そのためには、農家の方々の関与が必要です。

肉の糞を収納するテントの下

多くの人が戸惑ったままです

それが何かは見ていないので分かりませんが

これだけでは、まだ煙に巻かれているような気がします

私たちが100%草地システムを採用しているのは

どちらかというと吸収されやすいからです。

また、羊産業での低炭素化アプローチのための

欧州プログラムも開始しました。

そのうちのいくつかは、先週クレルモン・フェランの近くで開催された家畜サミットで発表されました。例えば、牛肉の二酸化炭素排出量を削減するためのライフビーフカーボンプログラムの結果が提示された。

 

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/reportage-france/20211010-des-projets-pour-réduire-l-emprunte-carbone-de-la-viande-de-bœuf

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 639