ワイン パリ-Vinexpo 2023: パリ、世界ワインの首都

ワインプラネットは、この月曜日、2月13日、フランスの首都の南にあるポルト・ド・ヴェルサイユで開幕するワイン・パリ-ヴィネエキスポ・パリ・トレードショーで3日間開催されます。フランスと並んで50カ国が代表され、このイベントには3万人の訪問者が期待されており、パリをこの分野の国際市場にすることを目指しています。

この「偉大な世界ワインフェスティバル」の間、トレーダー、ワイン商人、レストラン経営者は、主にヨーロッパだけでなく、米国、日本、チリから約50の生産国からボトルをアンティネートします。VinexposiumオーガナイザーのCEOであるRodolphe Lameyseにとって、「ポルト・ド・ヴェルサイユの31,000平方メートルの露出の目的は、最大の商業取引が行われるか開始され、世界とフランスのワインとスピリッツの貿易がうまくいっていることを目標としています」と彼はAFPに説明しました。「ペイドは2月から4月の間の年の初めに行われる」ため、パリの任命は「カレンダーの重要な瞬間」と彼は言う。

練習する

RFIの経済サービスのアグニェシュカ・クモールに質問されたロドルフ・ラメイズは、ショーの実用的な側面についても主張しています。「プロの訪問者は、領土ごとにホールを歩くことができます。非常に具体的には、私はバイヤーです、私はブルゴーニュのすべてのワインを見たい、私はそれらを1か所で見つけます。私はアルザスのすべてのワインを見たいです、私はそれらを1か所で見つけます、そしてそれは不可欠です、それはあなたがはるかに効率的であり、何も見逃さないようにすることができます。」

「そして、それは私たちが望むものです」と彼は続けます、「すべてのバイヤー、彼が誰であろうと、そして彼の国のボリュームと起源が何であれ、最高のものを見つけるでしょう、私たちはワインから少し「主流」を取り出すでしょう、私たちはナゲット、私たちが提供したい珍しいワイン、レストラン経営者または流通チェーンのいずれかに。第6の波のピーク時にドアを開けることを決めたとき、私たちは2022年に勇気がありました。そこで、バイヤーは私たちを信頼し、私たちがした仕事を返して、さらに多くの仕事がありました。2022年と比較して20%以上の成長を遂げていますが、これは注目に値します。」

フランスにおける消費の減少

約3,400の出展者(2022年と比較して31%増)と30,000人の専門家が予想され、このショーはフランスのブドウ園の暗い時期に門戸を開きます。2022年にイタリアに次いで2番目の世界生産国であり、フランスでは消費が減少し、ボルドーなどの一部のブドウ畑では構造的な困難が困難です。このショーには、パリでの勝利の翌日の月曜日にマスタークラスのために、世界のベストソムリエコンテストの勝者、ラトビアのライモンズ・トムソンズも参加します。

 

参考記事▶子供たちのためにホスピス・ド・ボーヌのワインの第162回オークション

https://www.rfi.fr/fr/france/20230213-wine-paris-vinexpo-2023-paris-capitale-de-la-planète-vin

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1696
Enable Notifications OK No thanks