パリの視点#37:25年後 – 京都議定書とCOPS – ステファン・サヴァレーゼ

パリ・パースペクティブのこの版は、事実上、温室効果ガスの削減に関する最初の法的拘束力のある国際協定であった25周年の京都議定書の遺産を見ています。

1997年12月11日、この種の最初の国際協定である京都議定書が調印された。

大気中の温室効果ガスの排出を削減し、そうすることで、毎年頻度が増加している極端な気象事象の数を減らすことを目的としています。

この協定は、京都交渉時に15カ国で構成される37の先進国と欧州共同体に、温室効果ガス排出量を削減することを義務付けた。

また、中国やインドを含む100以上の発展途上国を強制的な削減から免除した。

25年後、プロトコルはどれくらい効果的でしたか?連続した警官サミットは成功しましたか?豊かな国による排出量削減の約束は、地球温暖化に何らかの影響を与えましたか?彼らの行動は、今世紀末までに気温が1.5°C上昇するのを防ぐだろうか?

2022年11月にシャルム・エル・シェイクで開催されたCop27会議で、アントニオ・グテーレス国連事務総長は、「カーボンネットゼロ」と主張する企業による「有毒な隠蔽」を終わらせるよう求めた。

この点で、彼は化石燃料の探査と開発に投資した企業、その行動が森林破壊をもたらした企業、および/または「グリーンウォッシュ」と呼ばれる慣行で排出量を削減する代わりに排出量を相殺した企業を引用しました。

彼は、この化石燃料開発の拡大を「非難に値する」と解釈し、「気候の崖の上に私たちの世界を押し上げる」可能性があると指摘した。

「大惨事」から「希望」へ

京都議定書は2005年に発効したばかりですが、Cop21で気候変動に関する歴史的な2015年のパリ協定の基礎を築きました。

少なくとも今のところ、多くの善意があったと、鉄鋼とコンクリートに代わる低炭素建築材料を開発しているTechnoCarbonのCEO、Stephan Savareseは言います。

例えば、2021年、グラスゴーでのCop26サミットの後、国連のパネルは、企業、都市、地域からのグリーンウォッシュとネットゼロ目標の周りに「レッドライン」を描くことに取り組むようになった。

誰もが、ネットゼロ戦略を採用することで、今世紀末までに温暖化を1.5°C以下に保つように設計された移行プロセスの一部になりたいと思っている、とサヴァレーゼはRFI英語に語った。

どんな上昇でも、地球は「何が起こるかわからないが、おそらく壊滅的な気候変動をもたらすと信じている」状況に陥る、と彼は言った。

気候変動に取り組むために世界を団結させるための重要な側面の1つはコミュニケーションです、とサヴァレーゼは言います。

「壊滅的な気候変動の恐怖から逃れたいなら、人々に希望を与える必要があります。解決策を定義し始める必要がある」と彼は言う

人々が大惨事を避けるには遅すぎると思うなら、それは「本当に悪いメッセージ」を送る、と彼は付け加えた。

「私たちには選択肢があります。そして、その選択は絶滅を選ぶことではありません。

気候の移行

京都議定書によって設定された最初の目標は排出量を減らすことでしたが、それが成功したかどうかは、データがいつ提示されるかによって異なります。

「答えはおそらくイエスです。そして、おそらくいいえ。排出量が上がったり下がったりする数年があります。私たちは善意を持っていますが、一緒に行動していません。今後数年間の大きな焦点は、どのように行動をまとめるかです。サヴァレーゼは説明する。

損失と損害の契約

しかし、エジプトでのCop27会議から出てくる最も前向きで進歩的な取引の1つは、損失と損害の合意です

セーシェルや南太平洋の島国など、気候変動によって直接影響を受ける将来の脆弱な国を補償するように設計されています。

「[基金]は年間1000億ユーロであるべきです…[しかし]それは気候移行を達成するための世界的な努力のほんの一部に過ぎず、年間1200億ユーロを超えると推定されています…[そして]私たちはそれをしていません。だからもちろん、行為は宣言よりはるかに遅れています。しかし、少なくとも私たちには宣言があります」とサヴァレーゼは言います。

世界の生物多様性の破壊を食い止めるための重要なサミットがカナダで開かれる
Cop27は気候被害基金に関する画期的な取引に達するが、他にはほとんどない
1997年の京都や2016年11月に発効した最近のパリ協定などの画期的な協定があっても、サヴァレーゼのテクノカーボンなどの企業やグループによる小さな行動が、セクター別の気候変動部門の緩和に大きな影響を与える可能性があることも明らかになりました。

気候変動のための小さな行為

家庭、オフィス、工場フロアまで、二酸化炭素排出量を削減することを目的としたすべてのジェスチャーが、物事のグローバルスキームに影響を与えるかどうかという問題を提起します。

「はい」とサヴァレーゼは言う。「私たちは今、これに取り組んでいる何百万人もの人々です。そして、これは最初の成果であり、[特に]何百万人もの人々を動員し、気候の移行に対応して行動します。

「自分のレベルの誰もがそれに基づいて行動する方法を持っている」とサヴァレーゼは結論づけている。

 

Stephan Savareseは、鋼とコンクリートに代わる低炭素建築材料を開発しているパリに拠点を置く会社TechnoCarbonのCEOです。

デビッド・コフィーによって書かれ、制作され、提示された

ヴィンセント・ポラとニコラス・ドローによる録音と編集

https://www.rfi.fr/en/podcasts/paris-perspective/20221223-paris-perspective-37-25-years-later-–-the-kyoto-protocol-and-cop-stephan-savarese

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1696
Enable Notifications OK No thanks