気候:ドイツは水素で「世界ナンバーワン」になりたがっている

世界ナンバーワンになる。それ以下でもない。ベルリンは、エネルギー移行をサポートするだけでなく、将来の経済部門を開発するために水素の使用を大規模に開発したいと考えています。計画は6月10日に発表された。

ベルリンの特派員から、

ピーター・アルトマイヤー経済大臣は、ドイツ政府の水素計画を提示するために緑のネクタイを着用した。この戦略は、ドイツが気候目標を達成し、経済の脱炭素化を促進することを容易にするはずです。しかし、それを超えて、ピーター・アルトマイヤーによると、ドイツが水素で世界ナンバーワンになることを可能にする産業戦略でもあります。

この計画は、大連合内の違いにより、数ヶ月遅れて提示されます。コロナウイルスのパンデミックは事態を加速させた。ベルリンがこの分野に投資する90億ユーロの公的資金は、先週提示されたより広範な回復計画の一部であり、将来のプロジェクトも支援したい計画です。

水素は、大規模に電気を蓄えることを可能にします。現在、鉄鋼や化学などの重工業で使用されていますが、生産には化石燃料を使用しています。将来的には、太陽エネルギーと風力エネルギーが優先事項でなければならない。税制上の優遇措置は、この移行を促進しなければならない。

自動車産業では、水素は今日でもほとんど使われていません。将来的には電気自動車にとってより重要になるかもしれない。研究開発への投資は、依然として重大な技術的問題とコストを解決するためにも計画されています。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20200610-climat-l-allemagne-veut-devenir-num%C3%A9ro-1-mondial-l-hydrog%C3%A8

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 949
Enable Notifications OK No thanks