エコ対応のデジタル技術

当社のデジタル活動は現在、世界の温室効果ガス排出量の4%を占めています。しかし、オンライン使用の指数関数的な増加とコンピュータハードウェアの増殖により、2040年までにこれらの排出量が60%増加する可能性があると、Oracle Franceが発表した研究が明らかになった。

フランス・オラクル社の依頼でOdoxa polling instituteが実施したObservatoire de l’Innovation Responsable (Responsible Innovation Observatory)が発表したレポートによると、ハイテクの環境負債が増え続けているとのことです。デジタル使用の非物質化とエネルギー集約型テクノロジーの使用は、このエネルギー危機の時代に、デジタル・テクノロジーに対して冷静であることを要求しています。この調査で質問した人の多くは、この節電はお金の節約になるだけでなく、気候変動の課題にも対応できると考えています。

Oracle FranceのCEO、Christophe Négrierの詳細:

デジタル禁酒の概念は、とりわけ、私たちがデジタル技術の日常使用に対するすべての人の認識に基づいています。つまり、テクノロジーだけでは、私たちが今のようにそれを使い続けることができることを正当化する空白はもはやありません。私たちが毎日見て、現在エネルギッシュな危機と絡み合っている有害な影響を持つ気候危機に直面するために、私たちは皆、個人的または専門的な分野で、コンピュータ使用のこれらの概念を反映する必要があります。最終的には、正しい質問をする必要があります:これまたはそのインターネットデバイスに対する私のニーズは何ですか、この禁酒を達成する私の責任は何ですか、またはデジタル経済が脱炭素化したり、より正確にはできるだけ少ない温室効果ガスを排出したりするのを助けることができます。具体的には、当社のハイテク企業オラクルは、データセンターの機械を冷却するために、古い廃鉱山からの汚染された水源を使用するデータセンターをマルセイユに設置することで模範を示したいと考えています。しかし、このリサイクル水は、データセンター近くの近所の家のすべてのラジエーターを加熱することを可能にします。当社のコンピュータセンターにのみ使用されていないこのソリューションの場合、オラクルはその後、同等のシステムを開発するために顧客に提供しました。デジタル禁酒は最終的に革新を抑制するものではなく、まったく逆です。それは、私たち全員に関係するデジタル禁酒のこの軌跡をたどるのに役立ちます。私たちの研究は、フランス人の60%近くがすでにその必要性を確信しており、エコ責任あるデジタル技術の課題に対する彼らの側の本当の認識を目の当たりにしています。

ヨーロッパは、ハイテクの主要な消費者であるほとんどの実業家が遵守する「グリーン協定」と題したプログラムで、2050年までに最初の気候中立大陸になることを望んでいます。フランス政府も今年11月にエコ責任あるデジタル技術のための新しい高等委員会の立ち上げを購読しているプログラム。最初の行動の1つは、50,000人以上の住民を持つ自治体が2025年までに責任ある炭素ベースのデジタルソリューションを実装するのを支援することです。

[ja] エコ対応のデジタル技術 – powered by Happy Scribe

フランス・オラクル社の依頼でOdoxa polling instituteが実施した「Observatory of Responsible Innovation」が発表したレポートによると、ハイテクの環境負債がどんどん重くなっていることがわかった。デジタル使用の非物質化とエネルギー集約型テクノロジーの使用は、このエネルギー危機の時代に、デジタル・テクノロジーに対して冷静であることを要求しています。節約はもちろんのこと、気候変動に対応するための節制であると、この調査でインタビューしたほとんどの人が言っている。そして、オラクルのジェネラルマネージャーであるクリストフ・ネグリエはこう説明する。

フランスでは、技術だけでは「今のままでいい」と説明する白紙委任状はなく、利用方法にも工夫が必要です。これは真実ではなく、私たちは皆、個人的な領域でも仕事上の領域でも、こうした使用に関する概念について考えなければならないのです。責任と節制の面で何が必要なのか?経済やデジタル技術を脱炭素化し、可能な限りカーボンフリーにするには、どうすればよいのでしょうか。具体的には、マルセイユのデータセンターで、旧鉱山から回収した汚染水をデータセンターの冷却とデータセンター隣接地区の暖房に使用しています。つまり、これらは自分たちのためにやっている例なのです。また、お客様のために行うこともあります。節制がイノベーションを妨げているとは思いません。逆に、イノベーションは、私たち全員が進むべきこの軌道を助けてくれると思うのです。フランス人のほぼ6割が、今日の生活におけるデジタル節電の必要性を理解しています。

実感があります。

ヨーロッパは、主要なハイテク産業消費者のほとんどが加入している「グリーン・パクト」プログラムにより、2050年までに気候変動に左右されない最初の大陸になることを目指しています。フランス政府もこのプログラムに参加し、11月に「環境対応型デジタル経済高等委員会」を発足させました。最初のミッションの一つは、2025年までに人口5万人以上の自治体が、責任ある、より二酸化炭素排出量の少ないデジタルソリューションを導入できるよう支援することです。また、ご質問やご意見がございましたら、nouvelles avec un s technologies au pluriel arobaseとrfi frにお書きください。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/nouvelles-technologies/20221119-le-numérique-écoresponsable

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 936
Enable Notifications OK No thanks