水素計画:「シンプルで完全に高潔なプロセス」

水素は特定の活動を「よりクリーン」にすることができますが、政府は今日、水素計画の輪郭と10年間で割り当てられる70億ユーロを詳述しました。最優先事項は産業用途を脱炭素化することですが、多くのセクター(精製、化学、エレクトロニクス、農業食品)は現在、温室効果ガスの高排出を排出するプロセスで生産された化石水素を使用しています。水素ヨーロッパ協会の会長であり、ミシュランの水素生態系のディレクターであるValérie Bouillon-Delporteの反応。

正午12時、パリは午後1時43分、水素は70億円です。今朝、フランスは、ガスや石油などの炭素エネルギーの代替となる、まだ発展途上のエネルギーである水素産業の育成計画を打ち出しました。水素は地球を温暖化から救うか?今、ゲストを迎えて話しています。ヴァレリー・ブイヨンデルポルト こんにちは。

はい、こんにちは。

あなたは、水素ヨーロッパ協会の会長であり、タイヤメーカーのミシュランで水素戦略のディレクターを務めていますね。では、まず水素エネルギーとは何かということを説明してください。水素自動車の仕組みは?

水素自動車?それはとてもシンプルなことです。内燃機関自動車と同じように機能しますが、デメリットはありません。つまり、公害も、CO2排出も、有名なNoxもないのです。エネルギーを蓄えるタンクがあり、電力を供給する水素燃料電池があり、この水素を電気に変えるのです。そして、内燃機関自動車のメリットをデメリットなく享受できるのです。そして何より、水素自動車は電気自動車なのです。

水素はどこにでもある。

だから、水素はどこにでもあるのです。宇宙にかなり広く存在する分子で、水素はさまざまな方法で作ることができる。そして何より、再生可能エネルギーで電気を作り、その電気で電気リーダーを動かし、その電気と水を水素に変えることで、今日も水素を作ることができるのです。つまり、グリーン水素を使えば、製造工程でCO2を排出することはありませんし、自動車に搭載すれば、クリーンな自動車を手に入れることができるということなのです。持続可能なモビリティの向上に参加し、加速しているわけですね。

このプロセスは、技術的な観点からも、財務的な観点からも、今日、完全に信頼できるものです。今日のコストは、ガソリンで走るより水素で走る方が経済的なのでしょうか?

ですから、また率直に言いますが、成熟した技術であることはもちろんですが、経済的な観点からも、他の新しい技術と同様に、十分な量を生産しない限り、現在の技術より少し高価なままなのです。しかし、私たちは皆、話すには少し若すぎるということを忘れないでください。前世紀の初め、サーマルカーが登場したときは、まだ数少ないものでした。まだ、一部の特権階級しかアクセスできない時代だったのです。まあ、電池の電気自動車と同じで、水素の電気自動車も大量に生産されれば、私たちが知っている火力発電の自動車よりもさらに安く生産できるようになるでしょうね。

車の話、電気自動車の話ですね。電気自動車と水素自動車では、どちらが低公害か?

そこでまず、水素自動車はバッテリーと同じように電気自動車である。第二に、この2台を対立させてはいけないということです。加速するためには、両方の技術が必要です。そして、水素電気だけでなく、バッテリー電気についても、また必要です。すべては電気を作るためのエネルギー源に依存するのです。

そこでフランスは、先ほど申し上げたように、水素のために10年間で70億円の資金を動員しています。当面は、復興計画から2億円があります。水素のチャンピオンになりたいフランスは、すでに他の国よりリードしているのでしょうか?

フランスには、モビリティや移動手段だけでなく、産業界のチャンピオンがいます。そういう選手が出てくるんですね。バイオ ミシュランとのジョイントベンチャーなんですね。フォービアには、オムニアムプラスチックのようなストレージのプレーヤーもいますが、ハモン側のプレーヤー、インフラストラクチャー・エネルジー、エア・リキード、エンジーIDFもバッテリーツールを持っています。私たちには数多くの国家チャンピオンがおり、これらのチャンピオンが結集して、この分野を産業エクセレンス部門とし、国全体で4300億ユーロの投資額で水素を支援するという非常に野心的な計画が発表された欧州レベルの場所とするために活動しているのです。つまり、水素はフランスだけでなく、ヨーロッパでも「グリーン・ディール・リカバリー」として戦略的な柱のひとつになっているのです。

水素に関する独仏同盟の話もある。

それはいいことだと思います。どんなちょっと革新的なプロジェクトでもそうですが、機関車が必要で、フランスもドイツもその上でどう遊ぶかを完璧に心得ていることがわかります。一方、水素の場合は、そうなります。単純な独仏同盟以上のものが必要で、それはバックボーンになりえますが、欧州委員会の目には十分ではないでしょう。ここでも、フランス側とドイツ側で、より迅速に進める方法を検討しています。

Valérie Bouillon Delporteさん、水素に関するあらゆる質問にお答えいただき、ありがとうございました。水素戦略の担当者であることを再認識しました。

水素の生態系と。

正確には、ミシュランの水素エコシステムです。ありがとうございました。パリで大活躍しています。

水素計画:「シンプルで完全に高潔なプロセス」 – powered by Happy Scribe

正午12時、パリは午後1時43分、水素は70億円です。今朝、フランスは、ガスや石油などの炭素エネルギーの代替となる、まだ発展途上のエネルギーである水素産業の育成計画を打ち出しました。水素は地球を温暖化から救うか?今、ゲストを迎えて話しています。ヴァレリー・ブイヨンデルポルト こんにちは。

はい、こんにちは。

あなたは、水素ヨーロッパ協会の会長であり、タイヤメーカーのミシュランで水素戦略のディレクターを務めていますね。では、まず水素エネルギーとは何かということを説明してください。水素自動車の仕組みは?

水素自動車?それはとてもシンプルなことです。内燃機関自動車と同じように機能しますが、デメリットはありません。つまり、公害も、CO2排出も、有名なNoxもないのです。エネルギーを蓄えるタンクがあり、電力を供給する水素燃料電池があり、この水素を電気に変えるのです。そして、内燃機関自動車のメリットをデメリットなく享受できるのです。そして何より、水素自動車は電気自動車なのです。

水素はどこにでもある。

だから、水素はどこにでもあるのです。宇宙にかなり広く存在する分子で、水素はさまざまな方法で作ることができる。そして何より、再生可能エネルギーで電気を作り、その電気で電気リーダーを動かし、その電気と水を水素に変えることで、今日も水素を作ることができるのです。つまり、グリーン水素を使えば、製造工程でCO2を排出することはありませんし、自動車に搭載すれば、クリーンな自動車を手に入れることができるということなのです。持続可能なモビリティの向上に参加し、加速しているわけですね。

このプロセスは、技術的な観点からも、財務的な観点からも、今日、完全に信頼できるものです。今日のコストは、ガソリンで走るより水素で走る方が経済的なのでしょうか?

ですから、また率直に言いますが、成熟した技術であることはもちろんですが、経済的な観点からも、他の新しい技術と同様に、十分な量を生産しない限り、現在の技術より少し高価なままなのです。しかし、私たちは皆、話すには少し若すぎるということを忘れないでください。前世紀の初め、サーマルカーが登場したときは、まだ数少ないものでした。まだ、一部の特権階級しかアクセスできない時代だったのです。まあ、電池の電気自動車と同じで、水素の電気自動車も大量に生産されれば、私たちが知っている火力発電の自動車よりもさらに安く生産できるようになるでしょうね。

車の話、電気自動車の話ですね。電気自動車と水素自動車では、どちらが低公害か?

そこでまず、水素自動車はバッテリーと同じように電気自動車である。第二に、この2台を対立させてはいけないということです。加速するためには、両方の技術が必要です。そして、水素電気だけでなく、バッテリー電気についても、また必要です。すべては電気を作るためのエネルギー源に依存するのです。

そこでフランスは、先ほど申し上げたように、水素のために10年間で70億円の資金を動員しています。当面は、復興計画から2億円があります。水素のチャンピオンになりたいフランスは、すでに他の国よりリードしているのでしょうか?

フランスには、モビリティや移動手段だけでなく、産業界のチャンピオンがいます。そういう選手が出てくるんですね。バイオ ミシュランとのジョイントベンチャーなんですね。フォービアには、オムニアムプラスチックのようなストレージのプレーヤーもいますが、ハモン側のプレーヤー、インフラストラクチャー・エネルジー、エア・リキード、エンジーIDFもバッテリーツールを持っています。私たちには数多くの国家チャンピオンがおり、これらのチャンピオンが結集して、この分野を産業エクセレンス部門とし、国全体で4300億ユーロの投資額で水素を支援するという非常に野心的な計画が発表された欧州レベルの場所とするために活動しているのです。つまり、水素はフランスだけでなく、ヨーロッパでも「グリーン・ディール・リカバリー」として戦略的な柱のひとつになっているのです。

水素に関する独仏同盟の話もある。

それはいいことだと思います。どんなちょっと革新的なプロジェクトでもそうですが、機関車が必要で、フランスもドイツもその上でどう遊ぶかを完璧に心得ていることがわかります。一方、水素の場合は、そうなります。単純な独仏同盟以上のものが必要で、それはバックボーンになりえますが、欧州委員会の目には十分ではないでしょう。ここでも、フランス側とドイツ側で、より迅速に進める方法を検討しています。

Valérie Bouillon Delporteさん、水素に関するあらゆる質問にお答えいただき、ありがとうございました。水素戦略の担当者であることを再認識しました。

水素の生態系と。

正確には、ミシュランの水素エコシステムです。ありがとうございました。パリで大活躍しています。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/20200908-%C2%A0le-gouvernement-pr%C3%A9sente-strat%C3%A9gie-la-fili%C3%A8re-hydrog%C3%A8ne-vertueux-simple

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 950
Enable Notifications OK No thanks