将来の熱波に直面する準備はできていますか?

来年の夏(2023年)はどんな感じになるでしょうか?当局によると、これは、30日以上の熱波と2816人の過剰死亡率でフランスでマークされた記録的な2022年シーズンの1年後の大きな懸念の1つです。生態移行大臣のクリストフ・ベチュは水曜日(2023年6月14日)に、フランス首都圏の地下水の3分の2がまだ通常を下回っているため、現在の状況は楽観主義を奨励していないと述べた。その国は気候変動の影響にどのように直面する準備をしていますか?どのモデルに触発されますか?地球温暖化と戦い続けながら、どのように適応するか?

本日のディベート。

ロマン・ウーズィーです。皆さん、こんばんは。33日間の熱波、記録更新、死者2816人超。フランスでは、2022年の夏、地球温暖化を最も具体的に示す図式が描かれました。2023年はどうなるのでしょうか。そして2024年、2025年、2030年、2050年、未来の熱波に立ち向かう準備はできているのだろうか?それが、今日の討論会での問いかけです。すでに計画されていることは何か?何をする必要があるのか?どのようなモデルか?どのようなモデルか?そして、地球温暖化対策を続けながら、どのように適応していけばいいのか?今日の議論にようこそ。

Rfiです。

そして、この質問に答えるのが、今晩の2人のゲストです。スタジオにいるのはフランソワーズ・ヴィミューです。こんばんは。こんばんは。ヴィミューさんは気候学者で、フランス開発研究所(IRD)の研究部長をされています。2人目のゲストは、ビビアン・デスポエズさんです。

こんばんは。Institut de l’économie pour le climatのAdaptation to Climate Changeプロジェクトの責任者です。お二人とも、本日のRFIに関する討論会へのご招待をお受けいただき、ありがとうございます。まず、6月14日の夏の始まりまであと1週間となった今、フランソワーズ・ヴィミューは、歴史的に早い干ばつという、すでに憂慮すべき状況を語っている。いったいどのような状況で、何を予感させるのでしょうか?

確かに、干ばつは本当に心配なことです。水位を監視しているBRGMは、6月1日付で水位に関する報告書を発表しましたが、水位はすでにあまり満ちていなかったことがわかります。これは本当に疑問です。

水位より3分の1も低い?

私は、66%の水位が予想されるレベルを下回っている、つまり低水位または非常に低いレベルにあると思います。2つ目の問題は、もちろん、どのような夏になるかということです。言えることは、2022年には、10分の1の確率で、あのような夏が来るということです。2023年も同じで、2022年のような夏が来る確率は10分の1です。数週間、数カ月先の天気予報をすることはできませんが、これが私たちの知っている、統計の結果なのです。ですから、10分の1は例外ではありません。

メテオフランスが去年より警戒していないと言っているんですが。本当にそうなのでしょうか?3ヶ月予報では、高温になる可能性が高いシナリオを支持しています。昨年は3ヶ月前、暑くなる可能性が非常に高かったのです。そして2022年は、やはり33の熱波が発生し、記録的な年でした。しかも、フランスだけの話です。

そこそこの33

熱波の日数.33日熱波の日数、そうですね。

私たちは喜んでいます。

私たちのために。3回の熱波と33日間の熱波 – 今後数十年の間に、私たちにはそれが待ち受けているのかもしれません。フランスでは2816人が死亡、スペインでは昨年15000人から10万人が死亡しています。あなたは10分の1の確率と言いました。どうしてこんなに予測ができないのでしょうか?

予測はできますが、それは、現在の気候変動(地球レベルで19世紀後半と比較して1.15度、同じ時間スケールでフランスでは+1.8度)で起こりうる夏の分布を見たとき、10面体のサイコロがあり、そのうちの1つに「2023年の夏と2022年の夏が同じ」と書かれていることを知っていることを意味します。サイコロを投げても、どちらの面が出るかはわかりません。つまり、これは気象観測の統計であり、私たちが行う気候予測の統計であると言えるでしょう。

ヴィヴィアン・デ・ポエスは、この2023年。終末の初夏になるのだろうかと、よく考えています。この番組ではあまり落ち込まないでほしいのですが、どうでしょう?

今、前任者が言ったのはそのことです。私たちは今日、私たちがかつて持っていた歴史的な参照枠、私たちが準備していた参照枠が時代遅れになるような状況にあることを知りました。また、共和国大統領がEAU計画を発表したときに言ったこと、昨年の秋に市民保護関係者と話したときに言ったことを聞けば、私たちは官僚になり始めているということも興味深いことです。彼は、「私たちは根本的に新しい状況にある。もはや、これまでのような仮定に頼ることはできない。ですから、これからの夏について考えるとき、絶対に例外的な夏になるとは言い切れませんが、管理するのが難しい、あるいは非常に難しい事態に遭遇する可能性が高いということは分かっています。

“そして何より、2023年、2023年を視野に入れているのですが、それはこのプログラムのイントロダクションで申し上げた通りです。それから2024年、2025年、2030年、2050年と続くでしょう。欧州環境庁は今日、かなりひどい予測のレポートを発表しました。2100年までに地球温暖化が3度を超える。これだけです。

何が予測されているのか?はい、私たちは2100年までに3度以上の地球温暖化をもたらす温室効果ガス排出の軌道に乗っているのです。それは、+4度×+4度のオーダーです。 大臣が「度に適応する」と言ったのは、まったく現実的なシナリオです。そして、すべての国際政策が尊重されなければ、楽観的なシナリオになる可能性さえあります。私たちが理解しなければならないのは、フランスで年間平均気温が+4度ということは、夏は+5度ということです。例を挙げると、2022年の夏は+4度でした。これは何を意味するのか。2100年では、2022年の夏は冷夏になるということです。2022年のような例外的な夏に対して、私たちはすでに準備できていないのです。2100年の夏を想像し、さらに近い時間軸で2050年を想像すると、私が言ったことをすべて1度ずつ減らしていくことになります。夏は平均して暑くなりますが、それに加えて、常に例外的な出来事が起こるのです。2100年、夏の平均気温が+5℃になるような例外的な出来事とは何でしょうか?

毎年10分の1の確率で発生する熱波を見ると、その強さは+7℃です。私にとっては、それが本当に恐ろしいことなんです。

それが予測です。これが私たちが向かっている軌跡です。しかし、欧州環境庁が発表した結果に反応してほしかったのです。ヨーロッパで毎年9万人9万人の死者が出ています。熱波による世界的な経済損失は、年間数十億ユーロ数十億ユーロ、今世紀末でも、今世紀に対して、90億人に対して450億人です。これは大変な掛け算です。2050年に向けて、つまり2100年よりもずっと前に、30年も経たないうちに、EUのすべての国で23%以上、ポルトガルでは80%以上の収穫量の減少が見られます。スペインはもちろん、暑さで最も被害を受ける国です。

はい、もちろん、これは恐ろしい数字です。私たちが理解しなければならないのは、ヨーロッパでは、特に地中海沿岸地域が影響を受けるということです。そして、致命的な暑さと湿度の条件があります。熱帯地域では、4~4.5度の温暖化が進むと、2100年までに世界人口の50~75%が、ほぼ毎日、致命的な猛暑と湿度にさらされることになります。

デスポエスのことです。

それは、今説明したようなリスクの進化、そして、私たちの備えが十分かどうか、何に対する備えか、ということです。欧州環境庁が引用した数字では、リスクにさらされる人の数、農業の収穫量、その他もろもろは、私たちがどれだけ準備できているかどうかにかかっています。 欧州環境庁が言っていることは、フランスなどの国でも同じですが、私たちは今話したような可能性を十分に考慮に入れていない、ということなのです。

つまり、指示されている見通しを止めることが可能なのです。

ディクテーション?おそらく完全にとは言いませんが、温暖化にはレベルがあるのです。だからこそ、何よりも地球温暖化対策に取り組み続けなければならないのです。私たちが準備できないレベルの温暖化もありますし、いずれにせよ、その結果は社会や経済にとって非常に大きな負担となります。しかし、ある程度、今、何を決めるかによって、このような夏が実現したときに、私たちは多かれ少なかれ対応できるようになるという選択肢がたくさんあるのです。今日も、ざっくりとした参考までに、最悪の場合、2023年の夏が来ると考えています。大きな出来事ですが、今、同僚が話してくれたことを見れば、最悪の事態にはならないでしょう。

適応プロジェクトの責任者であるヴィヴィアン・デポエスは、これまで打ち出されてきた適応戦略をどう考えているのでしょうか?というのも、EUには気候変動に適応するための戦略がありますが、これは法的にも拘束力もないものです。しかし、あなたは、それがゼロに等しいと思いますか?また、この気候変動への適応戦略は、具体的にどのようなことを規定しているのでしょうか?

欧州の、そして欧州各国の私たちが悪くない分野があり、それは危機への備えです」。危機です。これは、夏の直前に、チームの準備、緊急対応の準備、資源の調整、たとえば森林火災の消火のための資源を、たとえこれらの資源が限界に達していたとしても、戦いの秩序を整えるという部分です。この分野では常に改善の余地がありますが、全体として、政府や機関は災害に対する準備に慣れています。それから、適応という点では、私たちが予測できることもすべてあります。例えば、都市における緑化の推進、水漏れの削減など、結局のところ、私たちがすでに知っていることをそのまま実行することができるのです。しかし、今日、私たちが難しいと感じているのは、もっと根本的な変化について考えるべきであり、それはおそらく合意されるものではないでしょう。

私たちは都市を大規模に変革しているのでしょうか?私たちは農業のモデルを変えようとしているのでしょうか?森林火災の後、どのように森林に再投資するのか?これらの問題はもっと厄介なものですが、私たちの公共政策はまだそれに直面するのが難しいと感じています。

それは、現実的にはどういうことなのでしょうか。町や都市を根本的に変える、おっしゃる通り、林業モデルを完全にオーバーホールすることですか?

これは、ある部門から別の部門へ、まったく異なる形で反映されるでしょう。都市では、都市空間や公共空間についての考え方がまったく変わってしまうかもしれません。都市における不透水性の空間を減らし、植物を植えるスペースを多く確保し、都市における人々の暮らし方についても考えなければならないかもしれません。 また、時刻表や交通システムの調整も必要でしょう。これらはすべて、第1部ではまだ取り組み始めたばかりの問題です。

行から。フランソワ・ド・ヴィミューからの質問 フランソワ、気候変動への適応について 私たちは将来の熱波に立ち向かう準備ができているのでしょうか?というのが私たちの問いかけです。この問いは、まず第一に都市で問われています。2050年までにポルトガルとスペインで80%もの収量が減少するという農業への恐ろしい影響についてお話しました。 最近の研究では、熱波の際に死亡するリスクがヨーロッパで最も高い都市はパリであることがわかりました。つまり、最初に行動すべきは都市である。

何点かあります。対策を講じること?よく耳にするヒートアイランド現象があるため、都市部が重要です。例えばパリでは、熱波の時にパリ市内と20〜30キロ離れた郊外とで10度近い温度差が生じることが確認されています。これが第一のポイントです。もうひとつは、人口動態予測によると、2050年までに世界人口の3分の2が、熱波に多少なりとも適応した都市に住むようになると言われていることである。私たちの住む都市のほとんどは、これから経験する熱波に適応していないのです。これは非常に重要なポイントです。また、私の同僚が言ったように、適応には厳しい限界があることも分かっています。一例を挙げましょう。夏の都市を少しでも快適にする方法のひとつに、植物を植えることがあります。植生です。緑化とは木を植えることです。その理由はお分かりでしょう。木は日陰を作り、蒸発によって水を放出してくれます。

リフレッシュする、など。小さな対策ではなく、大きな対策です。

インパクトのある施策ですね。はい、そうです。気候変動の適応と影響について検討しているIPCCのグループが言っているのは、都市の緑化は現実的な方法だということです。ただし、まず適切な種を選ぶ必要があり、私は2050年の都市の気温に適したサイズを言うつもりでした。2050年の話です。2022年の気温を基準に選ぶと、まったくうまくいきません。2022年、まったくうまくいきません。2050年、普通の夏になるんです。だからダメなんです、もっと激しい夏に適応しなければならないんです。

今日の都市政策では、このようなことはないのでしょうか。

いいえ、気候予測を考慮しない、次元の違う適応方法があります。2つ目の重要なことは、木に少し水をやる必要があることです。適切なものを選ばないと、あっという間に枯れてしまう危険性があり、適応はいわゆるマラダプテーションになってしまうのです。

例えば、パリでは、地方都市開発計画で、5,000平方メートル以上の土地の表面積の65%をガラスが占めなければならないと定められています。

あなたにとっては、すべてがぼんやりしているのですか?いいえ、とてもはっきりしています。数字がある。

たしかにフィギュアはありますが、「グラス」と言う意味でのフィギュアはありません。

どのガラスとは言わないのか?実際には、どの種の植生を、土壌に応じてどの場所にまとめるか、どんな土壌か、パリ市の水不足予測はどうなっているか、などを細かく説明する必要があります。このような点を考慮する必要があります。そうでなければ、もちろん無意味なことです。

Viviane Des Pouesses パラドックスではありませんが、私たちは地球温暖化対策、将来の熱波に対する武装にもっと力を入れたいと考えています、それが今晩の討論のテーマです。フランソワーズ・ヴィニョーによると、今後数年のうちに、都市に住む人がますます増えていくそうです。人が増えるということは、気候変動リスクも増えるということでしょうか?

気候的なものです。ここで気候変動への適応という問題の核心に触れるのですが、こうした環境問題の多くと同様、都市の高密度化や植林、除染など、どこでも通用する魔法の解決策を探すとしたら、実は問題を単純化しすぎているのです。しかし、都市部では、都市のスプロール化、つまり、温室効果ガスがますます多く排出されることになる距離の拡大にブレーキをかける必要があります。また、暑い季節でも快適な居住空間を実現するために、住宅需要に対応する必要があります。一般論としてそう言われると、まったく解けない問題のように思えます。しかし、適応政策やプロジェクトの詳細を見ると、ケースバイケースで取り組み、テーブルを囲んで、都市や建物を一般的な方法で設計するのはもうやめよう、トロントで設計した建築家がマルセイユで建てるのはもう無理だ、と言えば、実際、解決策が見つかることがわかります。

その土地の環境、それについて知っていること、投影について知っていることを考慮しなければならないのです。そして、矛盾しているように見える命令も、なんとか調和させながら、スペースを見つけるのです。

しかし、すでに存在する建物についてはどうでしょうか?例えばパリでは90%以上の建物が暑い気候に耐えられるように設計されていませんからね?

この問いには、2つの答えがあります。1つは、建物は存在するけれども、生活もあり、進化していくということです。他の分野では、建物の改修、特に熱改修の大きな課題について話しています。最初の課題は、これから先、これらの建物に行うすべての大きな工事において、熱波の問題や、控えめに夏の快適性と呼ばれるものを考慮するようにするにはどうすればいいかということです。単に快適であればいいという問題ではありません。そして、適応していない建物をどうやって止めるか、維持し続けるか。それは簡単なはずの部分ですが、私たちはまだそれをやっていません。どこかの時点で、街を適応させるための大きな作戦を計画しなければならないのでしょうか。パリには「パリ50度ミッション」というのがあって、おそらくある時点で、気候変動のシナリオを見ると、パリを適応させることは、オスマン・スタイルの大規模プロジェクトに相当することになるだろうと言われています。

21世紀にはどうなんだろう?しかし、いずれにせよ、これらは問いかけなければならない問題です。

魔法の言葉は「熱改修」です。フランソワーズ・ヴィミューさんは気候学者ですが、フランスの計画についてどう思われますか?ヨーロッパの話もありますが、例えばフランスは独自の計画を持っています。ヴィヴィアン・ドゥプエスは、数カ月前にマクロン大統領が発表した「ウォータープラン」に言及し、2030年までにフランスで採水する水を10%減らし、水道局のリソースを大幅に増やすことを要求しています。また、先週発表された熱波を和らげる計画もある。約15のアクションがあります。企業におけるブラインドや、人々が取るべき行動を知らせるためのテキストメッセージなどです。非常に短期的なものに聞こえますが、全体として、フランスの戦略をどう思われますか?

答えはいくつかあります。正確には、熱波対策や発表された内容は必要なものです。私たちは準備をする必要がありますし、あなたがおっしゃったような対策もあり、それは正しい方向への一歩と言えるでしょう。しかし、それだけでは十分ではありません。個人、個人の行動、情報、そしてその情報をどのように処理するかに大きく依存するのです。”暑くなりそうだ。あなたはこんな町に住んでいる。こんな町に住んでいるんだから、こんなところに避難すればいいんだ」。全ては個人次第なのです。しかし、私の同僚が言ったように、適応は構造的、制度的な変化があって初めて効果を発揮します。構造的な変化とは、例えば、建物の熱改修などですが、それを行うには、仕事が必要です。単に「窓を変える」というだけでなく、制度的な変化、例えば「学校にも手を入れる。ある温度以上になると、学校の時間割を変更することを法律に明記する」、そして「それが実践されていない」ということです。 答えの後半は、状況を危機として扱っている印象を受けますが、毎年、小さな危機をたくさん抱えているのです。

気候変動は軌道の変化、コースの変更を意味します。ですから、私たちは適応しなければなりません。数週間という短期間ではありません。それはとても難しいことです。農業の話はしていませんが、水不足であれ、高温であれ、数週間で農業に適応できるわけがありません。さっさとやるしかない。フランスはすでに、2011年と2018年の2回、適応計画を採択したと思いますが、2018年は、同僚が訂正してくれるように、効果がよくわからず、いつも気候変動に驚いている印象があります。気候学者として、私たちは起こっていることにまったく驚いていないのです。

最後に、野心の欠如を批判されていますね。都市モデルを完全に変える必要がある」と述べたヴィヴィアン・デポエスの意見に共感しますか?森を再生する必要がある。

” ?IPCCはそう言っているのです。今日、適応はあまりにも行動的です。私たちは、深い変化、方向転換が必要です。これは都市に関わることかもしれませんし、農業に関わることかもしれませんし、森林管理に関わることかもしれません。また、私たちのライフスタイルにも関わってきます。もちろん、こうした変化は受け入れられるものでなければなりません。受け入れるためには、議論する必要があります。そのためには時間がかかります。このことは農業の分野では、簡単ではありません。これまで言われてきたように、私たちはテーブルを囲む必要がありますし、地域ごとに区別する必要があります。水不足や気温の上昇によって、すべての地域が同じような影響を受けるわけではありません。適応は現実的なものです。 現在、適応について多くのことが語られていますが、緩和は私たちを乗り切るためのはしごの2番目の足であることを忘れてはいけません。なぜなら、適応には非常に厳しい限界があり、温暖化1.5度を超えてしまうからです。

または2 そして、今晩の討論の最後の部分になるのですが。

当日の討論の様子です。

その日のうちに将来の熱波に対する備えはできているのか?今日の討論会で今夜問われているのは、この問いです。ゲストのフランソワーズ・ヴィミューさん(気候学者、開発研究院研究部長)とヴィヴィアン・デスポエスさん(気候経済研究所気候変動への適応プロジェクト代表)です。適応」、興味深いですね。ビビアン・デスポエスさん、2100年の話をしましたが、フランスのエコロジー移行担当大臣のクリストフ・ベシュットさんは、2100年までにフランス本土で4度の温暖化が起こるという見通しにフランスを適応させるという大きなプロジェクトを持っていて、私たちはその軌道に向かっているのです。ヴィヴィアン・デポエズ、あなたに質問です。適応するということは、気候目標をあきらめるということなのでしょうか?この議論が始まって以来、私たちが言い続けてきたように、どうすれば適応し、同時に地球温暖化との闘いを続けることができるのでしょうか。

確かに諦めてはいない。交通安全政策と比較してみたいと思います。ある時点でシートベルトの義務化を決めたからといって、ハイウェイコードを廃止し、速度制限を撤廃したわけではありません。ある時点で、地球温暖化を抑制するために最大限の努力をすることができますし、そうしなければなりません。いずれにせよ、先ほども申し上げたように、私たちはすべてに適応できるわけではありません。同時に、すでに来ている影響もあります。避けられないものもあります。ですから、私たちは同時に、これらの影響を管理するための準備も行っています。これらは、決して矛盾する政策ではありません。健康の分野でも同じで、ケアと予防があります。多かれ少なかれ、同じことなのです。これらは一緒に対処する必要があるものなのです。

しかし、アンビションの話をしているときに、ヴィミュー・ヴィレムーも言っていた、何か文化的なものがあるという話は興味深かったですね。気候変動は危機とみなされていますが、実際は進化です。2100年までに4度という話もすでに出ています。人々の心の中には、いずれにしても、今晩あなたが言ったように、私たちの社会、モデルを変革するのではなく、適応していくという考えがあるのでしょうか。

そこで、環境大臣が提案した、4度以上のフランスを考えるという運動が面白いのですが、実は、この「+4度のフランスで農業はどうなるのか」「風景はどうなるのか」「都市生活はどうなるのか」「人々はどう暮らすのか」といったことを細かく詰めていくと、実は小さなことだけの問題ではないことに気づくのですが、そこで「これは望ましいのか」と直面するのですね。そして、それは、地球温暖化防止のために、より野心的な努力をするように促しているのです。実際、+4度への適応は複雑です。また、先ほども申し上げたように、一人一人が自分の行動に責任を持つような自動的なものでもありません。 実際には、「私たちは集団として何に責任を持つのか」という集団的な選択をしなければなりません。海面が上昇し、建物やインフラが被害を受けた場合、人々を自活させるのか、それともある時点で何らかの連帯を示す必要があるのか?

同様に、森林火災の話であれば、集団でどう対処するか。そして、現実的な代替案があります。スペインの現在の農業モデルを見てください。これは、スペインの立法運動の一部です。政治家の中には、灌漑農業のモデルを何としてでも維持しようとする人たちがいます。一方、「農業のモデルを変えよう」と言う人もいます。これらは、意味合いも、政治的ビジョンも、受益者も、担当者もまったく異なります。このような議論が必要であり、この提案は私たちをそのような議論に参加させるものなのです。

環境大臣スペインは興味深いケースですが、気候変動への適応と地球温暖化対策という2つの目的を考えると、海外に学ぶべきモデルはあるのでしょうか?

テーマごとに見ると、良い例がいくつかあります。海面上昇や洪水のリスクなどについては、私たちよりもずっと前から自問自答してきた国々があります。例えば、オランダのように、都市への適応を考える上で学ぶべきことがあるかもしれません。 最後に、私たちが知っている都市は、非常に均質化されていて、どこでもほとんど同じように見えますが、これはかなり最近の現象です。標準的な都市の形や、温暖な気候の国の都市や建物の建築を見れば、おそらく参考になることがあるはずです。その後、公共政策という点では、完璧な例であり、非常に進んだ国というのは、今のところ思い当たりません。みんながちょっとずつ悩んでいるテーマで、お手本になるようなものを探すのは待ったなしだと思います。

自分たちの手で作る。地球温暖化がますます現実味を帯びてきて、毎年目にするようになったとはいえ、私たちにはまだ長い道のりがあることを物語っている。フランソワーズ・ヴィレミューさん、残り1分余りです。発表された予測は恐ろしいものなので、あなたと一緒に結論を出したいと思います。先ほどの1,100人から、ヨーロッパでは毎年9万人が熱波によって死亡し、全体の損失は年間450億ユーロにのぼります。あなたは警鐘を鳴らす人ではないのですか?気候学者としては自信があるのでしょうが、「肉とゼリー」と聞くと、まだまだですな。

していますか?毎日、そして長い間、それに没頭しているとだけ言っておこう。気候学者として、私たちは警鐘を鳴らさなければならないと思っています。私たちは長い間、警告を発してきました。1990年の最初のGEC報告書では、すでに気候予測の大枠が示されていましたし、それから30年が経ちました。私たちは警告を発し、繰り返しているのです。個人的には、教えるための最良の方法は繰り返すことだと考えています。それはまた、私たちはこのまま進むのだ、技術や適応が私たちを救うのだという、ある種の議論と戦うということでもあります。私たちに奉仕するために。私は、適応に取り組んでいるIPCCの専門家たちから、これは真実ではないと理解しています。また、私が非常に懸念しているもう一つの分野、熱波を伴う健康分野については、まだ話していません。ヨーロッパでは、人口が高齢化し、脆弱になっています。フランスやヨーロッパで長い間撲滅されているマラリアはともかく、トラ蚊やデング熱など、逆コンマと言いますか、ちょっと熱帯的な病気が復活する可能性があります。この点が私は怖いのですが、実際には何も聞いていません農業やブドウ畑の適応については聞いていますが、健康についてはあまり聞いていません。

いずれにせよ、あなたやヴィヴィアン・デスポエスから、当局や一般市民へのメッセージを聞きました。気候変動に対処するためには、文化の変革が必要だからです。フランソワーズ・ヴィミューさん、気候学者、開発研究所の研究部長です。ヴィヴィアン・デスポエスさん、気候経済研究所の気候変動プロジェクトマネージャーです。以上でディベートは終了です。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/débat-du-jour/20230614-sommes-nous-prêts-à-faire-face-aux-futures-canicules

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks