スイスの氷河は1930年代から半分に縮小しているとの研究報告

スイスの氷河は、1931年以来、その体積の半分を失っていると、スイスの研究者が月曜日に発表した。

アルプス山脈をはじめとする氷河の急速な融解は、気候変動が原因であると科学者が指摘し、2000年代初頭から監視の目が厳しくなっている。

しかし、これまで、20世紀以前に氷河がどのように変化したかについての知見はほとんどなく、長期にわたって追跡した個々の氷河はほんの一握りで、その量を推定するモデルもさまざまだった。

しかし、チューリッヒ工科大学とスイス連邦森林雪氷景観研究所の研究者らは、1931年当時のスイスの全氷河の地形を復元し、氷河がどのように進化してきたかを示すことが可能になったとしている。

“これらの復元と2000年代のデータとの比較から、研究者は、1931年から2016年の間に氷河の体積が半分になったと結論付けています “と彼らは声明で述べています。

科学雑誌『The Cryosphere』に掲載されたこの研究は、スイスの氷河地域の約86%をカバーするTerrA画像アーカイブの資料を使用し、1916年から1947年にかけて撮影された約21,700枚の写真を分析したものである。

劇的な変化

氷河学者たちは、画像ペアに基づいて対象物の性質、形状、位置を決定するために、いわゆるステレオ写真測量法を用いて再構築を行った。

メールマガジン購読

研究代表者のErik Schytt Mannerfelt氏は、「2つの異なる時点の氷河の表面地形を知ることができれば、氷の体積の違いを計算することができます」と声明の中で述べています。

研究者たちは、同じ場所を約100年後に撮影した写真を並べて提示し、劇的な変化が起きていることを示しました。

例えば、フィーシャー氷河は、1928年には巨大な氷の海のようだったが、2021年には緑豊かな山肌にわずかな白い斑点が残っているだけだった。

復元に使用された画像は異なる年に撮影されたため、研究では平均的な1931年を基準として、その年のすべての氷河の表面地形を復元したと、声明は述べている。

研究者らは、過去100年にわたって氷河が継続的に後退したわけではないことを強調し、1920年代と1980年代には散発的に大量の氷河の成長があったことさえ指摘している。

しかし、短期間での成長はあったかもしれませんが、ETHチューリッヒとWSLの氷河学教授でこの研究の共著者であるダニエル・ファリノッティは、”全体像を把握することが重要である “と述べています。

“1931年と2016年の比較から、この期間に著しい氷河の後退があったことが明らかになりました。”と述べています。

そして、氷河の総量はこれまで以上に速いスピードで減少している。

スイスの氷河は2016年までの85年間で体積の半分を失ったが、スイスの氷河モニタリングネットワークGLAMOSによると、その後の6年間だけでさらに12%減少していることが分かった。

ファリノッティ氏は、”氷河の後退が加速している “という証拠は明らかだと述べた。

(AFPより)

https://www.rfi.fr/en/science-and-technology/20220823-study-shows-swiss-glaciers-have-shrunk-by-half-since-1930s

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks