パリのシャンゼリゼ通り、世界最大のスペルテストを開催

世界最大のスペルと文法のテストは、来月、パリの有名なシャンゼリゼ通りで開催され、巨大な野外教室に変身する予定です。

6月4日の「世界最大のディクテーション」の参加者は、主催者が読み上げたフランス語のテキストの一節を正しく書き留めなければならない。

最大5,100人が合計で競争すると予想され、それぞれ1,700人の希望者が3ラウンドずつ開かれ、凱旋門記念碑まで6,600平方メートル以上設置された学校の机に座ります。

ディクテーションは、正しい文法を植え付ける柱として教師によって祝われ、ほぼ毎日それらを行うことを余儀なくされている学童に恐れられているフランス教育の主力です。

教室の雰囲気を再現するために、凱旋門によって巨大な黒板が設置され、有名人が学生にフレーズを読み上げます。

「私たちは、ディクテーションとシャンゼリゼの2つのモニュメントであるフランス文学と想像力の2つの記念碑と結婚したかった」と、イベントを主催しているシャンゼリゼ委員会の委員長であるマルク・アントワーヌ・ジャメは言った。

彼はそれを「シート、ペン、言葉だけを必要とする運動のシンプルさと、主催者と毎年その石畳を歩く何百万人もの訪問者の心の中のすべての最上級の場所である通りの壮大さとの間のコントラストの結婚」と呼んだ。

10歳以上の子供は、パリ市のウェブサイトでサインアップすることができ、競合他社はランダムに選ばれて参加できます。

このイベントは、2018年にスタッド・ド・フランスで開催された1,473人の参加者で、最大のディクテーションの既存の世界記録を破ることを目的としています。

https://www.rfi.fr/en/france/20230513-champs-elysées-in-paris-to-host-world-s-largest-spelling-test

Antenne France
Antenne France
記事本文: 888
Enable Notifications OK No thanks