高等教育における生態学的移行:「教育は関与しなければならない」

ジャン・ジュゼルとリュック・アバディが提出した報告書「高等教育における生態学的移行と持続可能な開発の課題に関する感化と訓練」に続いて、シルヴィ・リテールロー大臣は昨日、政府が2025年にすべての学生のための生態学的移行に関する必須の訓練を望んでいると発表した。気候学者でIPCC科学評議会の元会長であるジャン・ジュイゼルの説明は、生態学的移行の課題に関する意識と訓練に関するリュック・アバディとの報告書の著者であり、「気候、真実を話そう」のバプティスト・デニスと共著者、フランソワ・ブーラン。

[ja] 21_10_INV_FRANCE_13_30_Jean_Jouzel_Former_a_la_transition_10_21_2022-12.mp3 – powered by Happy Scribe

私たちは、エコロジーの移行、特に高等教育におけるエコロジーの移行に関するこの政府のプロジェクトに関心を持っています。大学やグランドゼコールでは、啓発活動や研修コース、さらにはこのテーマに特化した講座などを提案するところが増えています。しかし、私たちはもっと先に進む必要があります。いずれにせよ、これはあなたがLuc AbadieとJean Jouzelと一緒に書いた専門家レポートの結論のひとつなのです。こんにちは、Jouzelです。

こんにちは。そう、私たちは「ノー」と言ったのです。この報告書は、私が座長を務めたワーキンググループで作成されました。Loïc Abilyが報告者。その意味で、私たちに与えられた10年間の使命よりも、もっと踏み込んでいかなければならない。どうすれば、100%の学生にエコロジーの移行を教育し、認識させることができるのか?そして、それは実現したのでしょうか?実際、すでに多くの取り組みが行われています。しかし、大学やグランドゼコール、学校ではどうしたらいいのでしょうか。しかし、こうした取り組みから、すべての学習コースとすべての学生に触れ、関与するものにするにはどうしたらいいのでしょうか。そして、この規模の変化も重要で、昨日ボルドーで私たちが議論し、国がこのプロセスにコミットするよう提言を発表したのは、教育の観点からこれを行うことが重要だからです。

Jean Jouzelさんは気候学者ですね。私が先生にお聞きしたかったのは、このプロセスを加速させ、すべての学生にエコロジーの移行に関するトレーニングを提供する方法を詳しく説明する前に、どうすればよいかということです。具体的に何ができるのか。

だから、みんなに役割があるんです。国の役割は、ダイナミズムを植え付けることだと思います。しかし、機関が関与する必要がある。どちらかというと、会員制のようなものです。機関が関与する必要があるのです。また、教師は生徒に大きく依存しています。これは非常に明確なことです。学生からは、エコロジーの移行に関するトレーニングが求められています。もちろん、気候の話ですが、気候だけではありません。エコロジーの移行を語るとき、生物多様性、社会的側面、そして移行が進行中の経済的側面についても言及します。10年後、20年後、30年後、40年後に、大きな環境変化の影響を受けるであろう世界で生きていくために、今の若い人たちにどのような準備をさせればいいのでしょうか。私たち、私たち。

エコロジーの移行というこのテーマで訓練するためには、この意味での公共政策を通すことが不可欠であり、恐れ多いことです。

メールマガジン購読

10年前、フランスの大学には200万人の学生がおり、彼らを育てることが重要であるため、公共政策が必要である。そしてもちろん、これは民間の事業所を含むすべての事業所に関わることです。しかし、実際には、青年・高等教育・研究省が推進力を与え、すべての教育機関を訓練し、遵守させることができたと思います。この使命は、10年後に高等教育の見出しで法律に明記され、これらすべての学生を効果的に訓練し、エコロジー移行と持続可能な開発への意識を高めることになっている。だから、重要なミッションであり、国そのものが責任を持つべきものなのです。いろいろなことが行われていて、国会議員のトレーニングも行われています。先週から、公務員の研修が始まりました。ゲリーニとも遠くで会いました。そう、力学が働いているのです。確かに夏以降かもしれませんね。まあ、若い人たち一人ひとりが知っていることが絶対に必要だということは、みんな分かっているんです。

しかし、もちろん、これは生涯を通じて言えることですが、生態系の移行、気候変動、生物多様性の損失について語るとき、私たちが何を語っているのかを知るための訓練でもあります。そして、私たちの仲間の多くは、このことをよく知らず、日常生活と環境に与える影響の間にどのようなつながりを持たせるかを知りません。

Jean Jean Jouzel 既存のコースをアレンジし、新しいコースを提供し、新しいカリキュラムを作る必要があります。具体的には、このエコロジーの転換に関するトレーニングで何を学ぶのでしょうか。具体的には

そう、だからコンクリートなんです。まず、基本的なことですが、ここでは私たちの日常生活と、これから環境に与える影響との関連性について述べたいと思います。気候、生物多様性、公害、社会機能との関連性などです。しかし、それは同時に、そしてグローバルに、スキルやコンピテンシーに基づくものでなければなりません。まあ、システム的なアプローチ、つまり全体的なアプローチですね。私たちは物事をサイロで見てはいけません。ですから、本当にシステム的なアプローチが必要で、不確実性や大きさの桁を理解する必要があります。例えば、対話、交渉、交渉じゃないですけど、例えば、周りの人と対話、それから教育にも目を向けられるようにならないといけない。そのため、身につけなければならないスキルは、一般的なものばかりです。進むべき道、取るべき道によって、違ってくる知識もあるのです。

もちろん、哲学者や知っている人に同じことを教えるとは限りません。環境分野ではしかし、全体として、言ってみれば、スキルはあるはずなのです。そして、若い人たちの「行動したい」という思いもあります。ですから、若い人たちは、地球温暖化対策や生物多様性の保全を望んでいますし、私たちもその緊急性を実感しています。そして、私たちのところに来る若い学生の多くは、明日ではなく今日、すでにキャンパスや日常生活の中で、あるいは勉強中に交流させられる自治体や企業などの環境との関わりの中で、行動を起こしたいと考えています。

ありがとうございました。ありがとうございました。私たちはこのプロジェクトを理解しています。また、高等教育や大学におけるエコロジーの転換のためのトレーニングについて、皆さんが楽観的であることも理解しています。RFIの招待を受け入れてくれたJean Jouzelに感謝します。あなたは気候学者であり、IPCC科学評議会の前議長であることをお忘れなく。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/invité-france/20221021-transition-écologique-dans-l-enseignement-supérieur-les-établissements-doivent-s-impliquer

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 885
Enable Notifications OK No thanks