フランスは10代のいじめ、自殺防止における「失敗」を認めている

フランス政府は、地元の教育当局がいじめられたと不平を言った後に自殺で死亡した少年の両親に脅迫状を送ったことが明らかになった後、フランスが学校のいじめに対処する任務に向いていないことを認めた。

ニコラスという名前の15歳の少年は、夏休みの後、子供たちがフランス全土で学校に戻った翌日の9月5日に自殺した。

ニコラスは、彼の家族が彼が首都の南西にあるイヴリーヌ県にあるポワシーの以前の学校でいじめられたことを当局に警告した後、パリの施設に通うために新学期のために学校を変えました。

ヴェルサイユに拠点を置くイヴリーヌ地域の教育当局は、同情を表明するのではなく、両親の声明は「受け入れられない」という手紙を送り、「建設的な」態度をとるよう促した。

手紙によると、フランスでの誹謗中傷は、最大5年の懲役と最大45,000ユーロの重い罰金で罰せられる刑事犯罪になる可能性があるという。

ガブリエル・アタル教育大臣はこの手紙を「恥ずべき」と非難し、エリザベス・ボーン首相は通信を「衝撃的…非常に心配している両親に宛てた応答の種類には明らかに失敗がありました。

いじめは「絶対的な優先事項」です

アタルは週末に、検査官が事件の調査を開始し、2週間以内に結論を出し、制裁につながる可能性があると述べた。

その少年は2022年12月に初めていじめを訴えた。

Journal du Dimanche Sunday紙とのインタビューで、少年の母親は「私たちは犠牲者だったが、有罪になった」と言った。

ヴェルサイユの検察官は、自殺がいじめに直接関係しているかどうかを調査しようとしており、今のところ結論を出すことに対して警告している。

ファーストレディのブリジット・マクロンと一緒に少年の家族と会っている間、アタルは「いじめとの戦いを絶対的な優先事項にした」が、フランスは「まだその仕事に対応していない」と述べた。

34歳の大臣は、学校でいじめられていると訴えた子供たちの近年の一連の知名度の高い自殺の後、いじめに取り組むことを優先しました。

TikTokを訴える

9月上旬、2021年9月に自殺で死亡した15歳の少女の両親は、ソーシャルネットワークTikTokに対して「自殺の扇動」、「危険にさらされている人を助けることの失敗」、「自殺手段の宣伝または広告」で苦情を申し立てた。

2021年9月16日、マルセイユ近くの南部の町カシスで、マリーの両親は彼女が寝室で死んでいるのを発見した。

多くのティーンエイジャーと同様に、マリーはTikTokの頻繁なユーザーであり、彼女が自殺する数週間前に、彼女は自分がどれほど不幸であるか、そして彼女の体重について嫌がらせを受けることにどれほどうんざりしているかについて話すためにビデオを投稿しました。

この出版物は、同じテーマの他のビデオが彼女のアカウントに自動的に表示されることを意味しました。

「プラットフォーム、ソーシャルネットワークは、嫌がらせの結果としてすでに非常に脆弱な心理状態にあるティーンエイジャーに対処する役割を果たしている」と、マリーの両親の弁護士であるLaure Boutron-Marmionは、TikTokの「非常に強力なアルゴリズム」を批判し、France Infoラジオに語った。

弁護士は「マリーが不幸だったことは議論の余地がない」と述べ、オンラインで自分自身を表現した後、「アルゴリズムを通じて、ティーンエイジャーは同じテーマに関する大量のビデオを受け取り、彼女の気分をさらに悪化させるだけだった」と述べた。

マリーの自殺以来、学校での嫌がらせ疑惑について調査が開始された。

トゥーロン検察庁は、TikTokに対する彼女の両親の苦情は詳細な分析に値すると述べた。

(ニュースワイヤー)
https://www.rfi.fr/en/france/20230919-france-admits-failures-in-measures-to-prevent-bullying-suicides-among-teenagers

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1696
Enable Notifications OK No thanks