フランスは10代の自殺をきっかけにいじめに取り組むための措置を発表する

フランスの教育大臣は、2人の10代の犠牲者が自殺した後、すべての中学校にソーシャルメディアでのいじめの惨劇に関する1時間のセッションを開催するよう命じた。政府は、いじめとの戦いは2023年度の開始の「絶対的な優先事項」になると述べた。

最近、フランスの学校でのサイバーいじめとの戦いを強化することを約束したPap Ndiaye教育大臣は、日曜日に意識向上セッションを発表しました。

「この時間は、ソーシャルメディアがいじめの現象をどのように悪化させるかを示す機会になるだろう」と彼は述べ、誰もがそのようなメディアがどのように使用されるかについて責任があることを強調した。

最近の調査では、フランスの学童の10%が、ほとんどの場合、ソーシャルメディアを通じて学校でいじめられていることが示唆されています。

フランスの7,000の中学校の約340万人の生徒が、サイバーいじめ対策セッションを懸念している。

教育省のイニシアチブは、2人のティーンエイジャーが自殺した後に行われます。

13歳のルーカスは1月にフランス東部で首を吊った。検察官は、彼が同性愛のために数ヶ月間学校でいじめられていたと述べた。

彼の母親は当時フランスのメディアに、同性愛嫌悪のいじめが彼の自殺を「引き起こした」と語った。

1月にルーカスの自殺で起訴された4人の中学生は、6月5日にいじめで有罪判決を受けたが、少年裁判所はこれらの行為と13歳の自殺との因果関係は見つからなかった。

先月、北フランス出身の13歳のリンジーも自殺した。彼女は朝から晩までソーシャルメディアで侮辱や脅迫を受けたという手紙を残した。

彼女の両親は、彼女の学校が彼らの多くの苦情を無視していると非難した。

先週リンジーの両親に会った後、Pap Ndiayeは「集団的失敗」に言及し、ソーシャルメディアネットワークが彼らのプラットフォームで公開された警察の脅威に対してより多くのことを行うよう求めた。

フランスの教育・青年・スポーツ大臣Pap Ndiaye AFP - EMMANUEL DUNAND
フランスの教育・青年・スポーツ大臣Pap Ndiaye AFP – EMMANUEL DUNAND

「コミュニケーション演習」

主な校長組合であるSNPDEN-Unsaは、教育省がセッションを開催するのに十分な時間を与えていないと述べ、「即興の匂いがする」と述べた。

組合の事務局長であるBruno Bobkieziczは、そのメッセージは「受信が不十分」であると述べた。

「このミニストリーが継続的に即興しているとき、それは良いシグナルを送りません。信号は「今週それをやれ、それは瞬間だ」です。しかし、それはコミュニケーションの練習のように感じます..そして、私たちは事前に何もしていなかったことを示唆しています。

Ndiayeは、教育省がまだこの問題について「何らかの方法」を持っていることを認め、学校でのいじめと戦うための余分なリソースを約束しました。

新学年の初めに各学校で特別顧問が任命される、と同省はオンラインで述べた。同省はまた、困難な状況にある生徒が電話できる3018および3020ヘルプラインを管理する協会への資金を増やします。

9月から、手に負えなる前に中学校の症例を検出することを目的としたphareeいじめ防止プログラムは、高校に拡大されます。

Ndiayeはまた、学校を変えるのはもはやいじめの被害者ではなく、加害者次第だと述べた。

また、加害者に対する懲戒処分を誘発することも必須になります。

2021年11月、議会は学校のいじめを犯罪化することに合意した。重症例では、学生やスタッフは最大10年の懲役刑に直面する可能性があります。その法律は2022年2月に採択された。

https://www.rfi.fr/en/france/20230612-france-announces-measures-to-tackle-bullying-in-wake-of-teenage-suicides-pap-ndiaye

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks