フランス:ティーンエイジャーの自殺は、学校の嫌がらせを議論の中心に戻す

学校の嫌がらせ行為を報告した15歳のティーンエイジャーは、火曜日にパリ地域で自殺した。この現象はすでに今年優先されているが、新しい教育大臣のガブリエル・アタルは、新しい措置が発表されることを示した。

授業再開からわずか2日後、9月6日水曜日、パリ近郊のポワシーで15歳のティーンエイジャーが自殺し、学年の始まりを悼む。火曜日の夕方、自宅で絞首刑で発見された15歳の少年が介入した。蘇生の試みが失敗した後、そのティーンエイジャーは死んだと宣言された。ティーンエイジャーは昨年、イヴリーヌのエイドリアン・ボランド職業高校で3回目の職業準備で教育を受けました。

国民教育が内部調査を開始している間、正義は行為の原因について注意を求めています。

「私たちはその仕事に向いていない」

「少年の自殺は常に説明するのが難しいドラマです。明らかに様々な要因がある」と、省の裁判所での演説の中で、国民教育大臣ガブリエル・アタルは言った。しかし、「それぞれのドラマは1つのドラマが多すぎて、私たちがまだその仕事に向いていないことを思い出させる」と、9月末までに嫌がらせと戦うための省庁間計画を発表しなければならない大臣は付け加えた。

すでに元教育大臣Pap Ndiayeによって開始された学校の嫌がらせとの戦いは、フランス北部で13歳のリンゼイの死後に激化し、この現象を強調しました。生徒の10人に1人に影響を与える学校での嫌がらせは、2023年から2024年の学年の政府の最優先事項となっています。

ガブリエル・アタルは、この少年に対する学校ハラスメントの行為だけでなく、国家教育サービスによるこの事件の管理にも光を当てるために、行政調査を開始することを決定しました。「彼らは明らかに私が疑問に思う人々ではなく、私たちが深く変化し続けなければならないのは、学校の嫌がらせの緊急性に対する国立教育機関の反応です」と彼は説明しました。

「2022年12月、少年の嫌がらせが報告された。施設ではアポイントメントが組織されていた。数人の学生による繰り返しのいじめや侮辱の報告があった」と教育大臣は裏切った。「2023年3月、両親は施設に迎えられました。関係する学生も受け入れられ、両親に連絡しました。4月に少年の状況について家族と教育機関の間で手紙の交換が行われ、家族はこの手紙の中で、この状況に直面して取られた十分な措置の欠如を非難した」と彼は付け加えた。父親は4月にポワシー警察署で嫌がらせのために手すりを提出したが、苦情を申し立てることを望んだ、と警察の情報源から知った。

大臣は、学校によると、ティーンエイジャーは「学年末までCPEによる定期的なフォローアップの恩恵を受けた」と、学年末に「この少年の父親と指摘された」と明記した。ティーンエイジャーは、パリの別の施設に戻って以来、学校に通っていた。

関係する100万人の子供たち

「今日このティーンエイジャーを殺したのが学校の嫌がらせだったかどうかはわかりませんが、私たちが知っているのは、確かに彼が昨年学校の嫌がらせの犠牲者であり、この嫌がらせが彼が学校を変えることにつながったということです、協会Les Papillonsの創設者であるLaurent Boyetは、Lucie Bouteloupのマイクに反応しました。「学校の嫌がらせは、学校に通う1200万人の子供たちのうち100万人の子供たちに影響を与える惨劇であり、最終的に私たちの子供たちを殺すのは惨劇であることを社会に認識させることは困難です。」

大臣の態度は被害者協会に歓迎された。「ガブリエル・アタルは、彼がまだニュースの外で学校の嫌がらせの問題について話しているので、私たちは本当の意志を感じています。ガブリエル・アタルは就任以来、常に学校の嫌がらせについて話してきたので、私たちは彼がこの惨劇と戦うために何かをする本当の意志を持っているというこの感覚を持っており、私たちの失望が正確に私たちの希望に応えないことを願っています」とローラン・ボイエットは強調しました。だから私たちは待っています、彼が私たちに言うことを待っています。」

「彼が話したという事実、彼が家族を呼んだという事実は、私にとって、とにかく強い兆候であり、マリオン協会の創設者であるノラ・フライスも手を差し伸べて挨拶しました。その後、私たちは家族や学生にもう少し同行し、それがもはや起こらないように追加の手段を持つことができる方法を知る必要があります。なぜなら、残念ながら、私たちの機関の幼い頃から、猛威を振るっている嫌がらせに異な家族の報告がますます増えているからです。だから、この計画が、毎年苦しんでいるこの100万人の子供たちに本当に等しい人的資源、財政的手段を発表することを願っています。家族は適応し、迅速な答えを持っていなければならず、正義は従わなければならない。」

今年の夏から、学校の嫌がらせと戦うための新しい措置が講じられています。8月中旬に発表された法令によると、学校の嫌がらせの責任を負う学生は、その犠牲者にこの変更を課すことを避けて、別の学校に移すことができるようになりました。また、他の機関の学生に対するサイバーいじめの著者を罰することも計画されています。ガブリエル・アタルはすでに「あらゆる形態の嫌がらせに対するゼロ・トレランス」を望んでいると保証している。

この学年の開始から、「各施設で」ハラスメントに関する参照者を作成する必要があります。学校はまた、嫌がらせの事例を検察官に「体系的に」報告しなければならないだろう。

2019年に設立され、6つのアカデミーで2年間経験したPhareアンチハラスメントプログラムは、すべての学校と大学で2022学年の初めに一般化されました。教育省によると、大学の91%と学校の64%が現在このスキームに在籍しています。

ブリジット・マクロンは今週の木曜日にティーンエイジャーの家族を訪問すると、政府のスポークスマン、オリヴィエ・ヴェランは発表した。

https://www.rfi.fr/fr/france/20230907-france-le-suicide-d-un-adolescent-remet-le-harcèlement-scolaire-au-coeur-du-débat

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks