子供に対する暴力に取り組むフランス首相の計画は、生ぬるい反応に会った

フランスのエリザベート・ボルン首相は、追加の専門研究者や18歳で福祉制度を離れる子供たちへの財政支援など、子供に対する暴力に取り組むための一連の措置を発表しました。

しかし、いくつかの児童保護機関は、政府が状況の緊急性を理解していないことを懸念している。

「この国際子どもの権利デーのために、私が送りたいメッセージは、改善が可能なところはどこでも、私たちは行動し続けなければならないということです」とボーンは述べ、月曜日に国連がマークした国際デーに言及しました。

首相は、ジェラルド・ダーマニン内務大臣とシャーロット・コーベル子供国務長官と一緒に、第3回児童間委員会(CIE)に出席していた。

「私たちは打撃を与え、暴力の再現を止めているように本当に感じなければならない」とコーベルはパリ北部のナンテール(オー・ド・セーヌ)にある未成年者中央事務所(オミン)の訪問中に述べた。

政府11人のメンバーが、2022年11月に設立された諮問機関であるCIEの第3回会議に招待された。

より専門的な仕事

暴力に対する新しい2023-2027計画には、約20の措置が含まれています。

以前のCIEで作成され、9月に設立されたOfminは、当初の目的を超えて、2年以内に37人から85人の調査員にスタッフを増やす予定です。

ボーンはまた、119番などの児童ヘルプラインと、この分野での暴力に反対するシグナルスポーツユニットの新しい求人を発表しました。

彼女はまた、警察長官に答える10人の部門の児童保護代表者の任命を発表した。

暴力に対する計画は、裁判所の管轄ごとに小児ユニットの創設、省庁間トレーニング計画、年次コミュニケーションキャンペーンを提供します。

2024年には、スポーツにおける子供たちに対する暴力に焦点を当てます。

ボーンはまた、関係する子供たちのための15歳と17歳の参照者の任命と体系的な教育インタビューを含む、教育大臣ガブリエル・アタルによって導入された「保護された学校教育」システムへの支持を繰り返した。

首相はまた、18歳になると児童福祉制度を離れる若者のための1,500ユーロの自動「財政的後押し」を発表した。「若い自治パック」には、メンタリング活動と多数派の式典が含まれます。

実際の資金はありません

Borneが昨日訪問したIssy-les-Moulineaux郊外のL’Enfant Bleu協会は、この措置にかなり好意的な歓迎を与えたが、他の人はそれほど熱心ではない。

協会のLa Voix de l’Enfant会長、Martine Brousseは、この計画について「失望」について語った。

「苦しんでいる子供の世界的な見解を持つ代わりに、すでに行われたことの発表があり、ほとんど新しいことは何もない」と彼女はフランスの報道機関に語った。

「子供たちはコミュニケーション計画ではなく、緊急計画を必要としている」とCollectif enfantiste(Child Collective)グループは付け加えた。

元里子で国家児童保護評議会の元メンバーであるLyes Louffokは、フランスの通信社AFPに、ボルネの発表は「実際の資金のない措置の山」であると語った。

月曜日、ボルネはまた、金曜日に82の勧告で報告書を提出した近親相姦との闘いを担当する委員会であるCiiviseが行った作業に感謝の意を表した。

日曜日の週刊誌Le Journal Du Dimancheとのインタビューで、シャーロット・コーベルは、委員会は「新しいロードマップ」で存在し続け、組織の持続可能性に関する被害者グループの懸念に対処すると述べた。

(AFPと)

https://www.rfi.fr/en/france/20231121-french-pm-s-anti-violence-plan-gets-lukewarm-response-from-children-s-groupsa

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1516
Enable Notifications OK No thanks