フランスの学校は脅迫的なメッセージと斬首のビデオを送った、と省は言う

パリ(AFP) – 今週、パリ地域の少なくとも30の学校が、斬首の「衝撃的な」映像を伴う脅迫的なメッセージを受け取った、と教育省は木曜日に述べた。

教育省の代表は、教育省の代表は、施設(主に中等学校)は、「テロの正当化と扇動」を含む「深刻な脅威」を受けていると語った。

メッセージは、教師、生徒、保護者の間のリンクとして機能するENTデジタルプラットフォーム、内部電子メール、または教育省が使用するPronoteソフトウェアを介して届きました。

「衝撃的なビデオ」

調査員は「加害者を特定する」ために働いていたと述べ、「衝撃的なビデオ」を見た子供や大人に心理的支援が提供されたと付け加えた。

警察筋によると、パリ大都市圏西部のイヴリーヌ県の少なくとも5つの高校が、水曜日から木曜日の間に爆弾の脅威を受けた。

加害者は、メッセージと斬首ビデオを配布するために「学生のメールアドレスをハッキングした」と情報筋は述べた。

フランスの首都の東にあるセーヌ=エ=マルヌ県では、ある中等学校が「アッラーの名において」施設全体に爆発物が隠されているというメッセージを受け取った、と警察筋は述べた。

最新の脅威は、2023年秋に学校、空港、観光地を標的にした偽の爆弾警報の突風に続く。

10月、過激化したイスラム教徒が北部の町アラスで元教師を刺殺した。

ガブリエル・アタル首相は、木曜日に学校のセキュリティに関する会議の議長を務める予定だった。

(AFP)

https://www.rfi.fr/en/france/20240321-french-schools-sent-threatening-messages-and-beheading-videos-says-ministry

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks