フランスの町は物議を醸す学校の制服をテストする

初めて、フランス南部の何百人もの生徒が、義務化するかどうかを判断するための全国的な実験の一環として、月曜日に初めて制服を着て学校に向かった。

フランス本土の公立学校では、制服は一度も必要とされていません。

しかし、エマニュエル・マクロン大統領は先月、成功すれば2026年に全国的に義務化することを視野に入れて、約100の学校で統一裁判を発表しました。

右翼が運営する町は、テストにサインアップした大多数を占めていますが、教師、学生、保護者からの強い抵抗に遭遇した人もいます。

批評家は、学習を改善するために公教育の他の分野にお金を費やす方が良いと言います。
そのアイデアは昨年1月に初めて立ち上げられた。

南部の町ベジエの4つの学校の約700人の生徒は、先月ラ・レユニオンの海外領土で学校が同じ衣装を試した後、月曜日にフランス本土で最初に試したようです。

極右の市長と高い失業率を持つ町、ベジエの生徒は、半期に両親と一緒に服を取りに来るように招待されていました。

「平等を生み出すところはどこにもない」

市と政府は、学校のロゴが入ったブレザー、2枚のポロシャツと1枚のズボン、性別に応じてショートパンツまたはスカートで構成された各ユニフォームの200ユーロの費用を共有しています。

学校は6月までにイニシアチブにサインアップする必要があります。

元演劇教師のファーストレディのブリジット・マクロンは、学校の制服の導入を支持した。

極右の元大統領候補マリーヌ・ルペンも、強制的なドレスコードを支持している。

しかし、本「Fixing France」の著者であり、今年初めにSpotlight on Franceチームからインタビューを受けたフランス系アルジェリア人の作家ナビラ・ラムダニは満足していない。昨年、学校の制服に関する議論が始まったとき、彼女はこの措置に対するブリジット・マクロンの支持を強く拒否し、「…平等を生み出すために、富、社会的地位、または人生のチャンスに関する表面的または重大な違いを消去するほど遠い」と述べた。

(ニュースワイヤー付き)
https://www.rfi.fr/en/france/20240226-french-town-tests-controversial-school-uniforms

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks