フランスは嫌がらせに対する「絶え間ない戦い」でいじめ防止計画を発表する

共感コース、深刻なケースでの携帯電話の没収、ソーシャルネットワーク上の他の学生に嫌がらせをする学生の排除は、学校でのいじめに取り組むためのフランス政府の計画に含まれている措置の一部です。

エリザベス・ボーン首相は、彼女がこの「大規模な現象」と表現したものに対して「一般的な動員」と「絶え間ない戦い」を約束した。

「一般動員」

「動員は一般的でなければならない:誰もが果たすべき役割がある。私の政府全体とともに、私たちはあなたの側にいて、嫌がらせに対する絶え間ない戦いを繰り広げます」と彼女は記者会見で、「学校や子供の生活のあらゆる分野での嫌がらせに反対する」計画を提示すると述べた。

「私たちの計画は100%の予防、100%の検出、100%の解決策です」と彼女は付け加えた。

記者会見に先立ち、首相は嫌がらせを受けたり、反ハラスメント団体に関与したりした学生からいくつかの証言を聞いていた。

「これらは明らかに簡単な話ではありません。それについて話すことは非常に重要であり、他の人のために関与することも自分自身を再構築する非常に良い方法です」とボーンは言いました。

いじめの疑いのある学生を別の学校に移す可能性や、別の学校に通う子供を標的にしているいじめっ子を制裁する可能性など、いくつかの措置がすでに講じられています。

ガブリエル・アタル教育大臣はまた、2024年度の初めから学校で一般化される「他の国、特にデンマークに存在するもののラインに沿って」、学校のカリキュラムの一部として「共感コース」の導入を発表しました。

ティーンエイジャー逮捕

一方、フランス政府は先週、トランスジェンダーのクラスメートをいじめたという主張で、クラスの真ん中にいる10代の少年の逮捕を擁護しました。これは、嫌がらせの取り締まりに対する広範な支持にもかかわらず、多くの生徒や親を怒らせたまれな動きです。

14歳の少年は手錠をかけられ、月曜日にパリ郊外のアルフォルビルの教室から行進した。

政府のスポークスマン、オリヴィエ・ヴェランは当時、逮捕は虐待行為に対する政策に「準拠」行われ、いじめる学生に「非常に強いメッセージ」を送ることを目的としていると述べた。

「これがこの嫌がらせの疫病を終わらせる方法であり、子供たちを守る方法でもある」と彼は言った。

別の学校に通っているとされる被害者は、「私たちはあなたの喉を切るつもりです」や「私はあなたのタイプが嫌いです…死ね、自殺しなさい」などのコメントで標的にされました。

この論争は、教育当局が何ヶ月もクラスメートにいじめられていると訴えていた少年の両親に脅迫状を送り、いじめについて不平を言う彼らの公式声明は「容認できない」と述べ、「建設的な」態度をとるよう促した。

https://www.rfi.fr/en/france/20230927-french-unviels-anti-bullying-plan-in-relentless-fight-against-harassment

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1694
Enable Notifications OK No thanks