若いティーンエイジャーの6人に1人がサイバーいじめの被害者である、とWHOは警告する

世界保健機関が水曜日に発表した報告書によると、11歳から15歳までの子供の6人に1人が2022年にサイバーいじめの被害者だった。新型コロナウイルスのパンデミックが10代の若者の扱い方を変えたと警告した。

44カ国にまたがるこの研究は、ロックダウン中に仮想形態のピア暴力がより一般的になったことを明らかにした。パンデミック前と比較して、より多くの学齢期の子供たちがサイバーいじめを受けたと報告した。

WHOヨーロッパディレクターのハンス・クルーゲは、この調査結果は重要な警告として機能し、若いティーンエイジャーのサイバーいじめの割合は4年前から13%上昇したと述べた。

「これは健康と人権の問題であり、オフラインとオンラインの両方で子供たちを暴力や危害から守るためにステップアップしなければならない」とクルーゲは言った。

ヨーロッパ、中央アジア、カナダの279,000人の子供と青少年のデータが研究の基礎を形成した。

「ウェイクアップコール」

サイバーいじめは、男の子は11歳、女の子は13歳頃にピークに達しました。青年の8人に1人が他の人をサイバーいじめを認めた。

報告書は、ブルガリア、リトアニア、モルドバ、ポーランドを男の子の間でサイバーいじめのレベルが最も高い国として強調したのに対し、スペインは最も低いレベルを報告した。

青少年が毎日最大6時間オンラインで過ごすと、いじめ率のわずかな変動でさえ、彼らの幸福に大きな影響を与える可能性がある、とKlugeは述べた。

彼はこの報告書を「いつでもどこでも、いじめや暴力に取り組むための私たち全員のための「ウェイクアップコール」と呼んだ。

報告書は、ピア暴力の監視を強化する必要性を強調し、サイバーいじめとその影響に関する若者、家族、学校のより良い教育を求めた。

また、サイバーいじめへの暴露を食い止めるために、ソーシャルメディアプラットフォームの規制措置を促した。

(ニュースワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/international/20240327-one-in-six-young-teenagers-a-victim-of-cyberbullying-who-warns

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks