学校でのハラスメント:アニー・ジェネバール(LR)が「状態」を訴える

11月8日(木)は「いじめに反対する日」です。共和国(LR)の事務局長であるアニー・ジュヌヴァール氏は、この機会に、すべての関係者の声を届けることで、いじめに反対する「総会」を組織するよう国に要請しました。ユニセフはこの日のために、フランス本土とフランス領ギアナで2万6千人以上の子どもたちとティーンエイジャーを対象に行った膨大な調査の結果を公表しています。

共和国(LR)のアニー・ジュヌヴァール事務局長は、木曜日の「学校いじめに反対する日」に、ジャン=ミシェル・ブランカー教育大臣に対し、この「惨劇」に対する「一般的な状態」を設定するよう呼びかけました。

それは、「職員だけでなく、被害者や生徒、その保護者にも声を届ける」ことで、「スクールハラスメントの根絶に成功することなく、互いに引き継いでいる」計画を「把握」し、その根強い原因を「特定」し、「本当に効果を上げるためにアプローチを刷新」することだと、彼女は声明で説明した。

「偉大な共和国は、子供たちが守られていると感じるべき学校で苦しむことを許すことはできない」とも述べた。

 

固定観念の解体

この日に合わせて発表されたユニセフの調査によると、すでに30%以上の子どもがハラスメントの被害にあっており、7~8歳の子どもでも2人に1人が被害にあっているとのことです。フランス本土とフランス領ギアナで2万6千人以上の子どもたちとティーンエイジャーを対象にしたこの調査は、すべての子どもたちが受ける嘲笑の形と、少女と少年の間の不平等を浮き彫りにしています。

インターネットでも、学校でも、公共交通機関でも、若い女の子は男の子の2倍も嫌がらせを受けているのです。6~18歳の女子の10人に1人が、すでに侮辱や嫌がらせを受けたことがあると回答しています。

メールマガジン購読

“セクハラ “や “ドレスコード “の問題で、より多くの嫌がらせを受けているのです。このことは、今回の研究、思春期以降の女子の服装に対する圧力の問題にもよく表れている。一方、男の子は、「本当の男であることは、何よりも女の子の世界に浸透していないことだ」というモード、規範の上に自分を築いているのです。少女と呼ばれ、思春期には同性愛者と呼ばれることへの恐怖です」と、この調査の共著者であるエディット・マルエジュルスは説明する。

女の子は幼い頃からこのような不平等を感じており、ほぼ2人に1人が男の子より自分の権利が少ないと考えているのに対し、男の子は30%が逆の考えを持っています。そして、女子のこの認識は年齢とともに増加し、17歳の女子では65%に達しています。

“遊び場 “に映し出すのは、大人の世界です。だから、先生と一緒に、親と一緒に、企画者とともに、この問題に取り組む必要がある。そして、隔離され、分裂した施設、設備、構造を作るのをやめよう」と、エディス・マルエジュルスは続ける。

ユニセフは、固定観念をなくすために、男女混合スペース、女の子のためのレジャー活動へのアクセス向上、セクシュアリティに関する情報の充実などを提言しています。

https://www.rfi.fr/fr/france/20181108-harcelement-scolaire-annie-genevard-lr-reclame-etats-generaux

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks