学校でのいじめ

現在、2018-2019年度学校いじめ啓発キャンペーンを学校で実施しています。

いじめとは、言語的、身体的、心理的な暴力を繰り返すことと定義されています。

この暴力は学校内でも見られる。一人または複数の生徒が、自分を守ることができない被害者に対して行うものです。文部科学省は、「いじめにNO!」サイトで、保護者や被害者本人向けのツールを提供しています。

例えば、ネットいじめがあった場合、どうすればいいのか。教育関係者にとっては、ハラスメントを認識することが対策になります。高校生よりも小学校や中学校の終わり頃の学童の方が、より影響を受けやすいと言われています。

Laurence Théaultは、ClamartにあるLes Petits Ponts学校のCM1および4eの生徒と面会しました。生徒たちは、ビデオクリップを見て、この惨劇を認識しました。

【フランス】学校でのいじめ| アンテンヌフランス

https://www.rfi.fr/fr/emission/20181126-le-harcelement-scolaire

メールマガジン購読

 

[ja] 学校でのいじめ.mp4 – powered by Happy Scribe

映像には、生徒たちが笑っている姿が映し出されています

同業者を揶揄するような写真の前で

その画像はソーシャルネットワークに投稿されました。

この反対運動のスローガンは

校内暴力は、いじめにNOを突きつけるだけ。

写真は個人的なものであり、それを共有することは

ハラスメントであるという警告です。

子鹿の髪と斑点のある頬

キャンディスはSNSのInstagramで侮辱された。

大きな醜いT字、そういうものです。

かなりクレイジーで失礼な話だが、それを信じた。

私はとても引っ込み思案でした。

とても大変でした。

クラマルのプチポンの学校と大学の生徒たちは、

いじめの問題を意識させられた。

パールグレイの大きな瞳、幸せの歯が開いたような笑顔。

クララはキャンディスの苦しみを理解している。

時にそれは、とても傷つくことです

ここにいる意味がないと思うほど、

天にも昇る気持ちになること。

出て行くから、解決策は自殺しかない。

後、自殺、それは避けなければならない。

9歳の生徒が真剣な面持ちで言った。

また、生徒たちは「いじめ」をテーマに活動しました。

いくつかの科目で、マリアムが4位に入っている。

彼の地理をやりました。

私たちにもできることです。

今年もアートで行きます。

でも、いつでもどこでも秘密にしておけるのが料理なんです。

何が人をとても孤独にさせるのか?

まず、ストーカーは決して一人ではなく、

常に他人と一緒にいるものです。

その結果、被害者が自分を見ているという私の見解が

彼に反対している人が何人かいる、と言うことです。

自分が悪いのだ、実は自分が悪いのだ、

と思うようになるのです。

言う理由がないのですが、

言わなければならないのであれば話はついています。

では、学校で暴力の被害にあったとき、

どうしたらいいのでしょうか。

小さなストラップレスドレスとタートルネックジャンパー

Ninaはその答えを持っています。

まあ、まずは話をすることですね。

そして、目撃者については、慎重に話をしなければならない。

例えば、授業が終わってベルが鳴ったら

先生のところへ行くこと。

そういうことは、自分を守るために話さなければならない。

そして、この先生によると、

自分が被害者になったときだけでなく。

目撃者である以上、責任もある。

そして、これは何かというと

ということで、これらの出来事は、

まさに問題の核心に触れるものです。

そして、それは本当にそれらを取るようになります。

何も言わない自分にも罪があるという意識。

毎年、70万人の子どもたちが犠牲になっている

身体的、心理的、性的なものであれ、学校でのハラスメント。

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks