アイスランド火山で325億円の損害に

先週はアイスランドの火山灰によって、空の便が立ち行かなくなっていたが、ここ数日で回復。空の見通しがよくなるのと同時に、火山灰の被害額が明らかになってきている。

フランスでは国内の航空会社や旅行会社の被害額は総額2億6千万ユーロ、日本円にして約325億円にものぼるという計算だ。そのうち1億8千万ユーロが航空会社が受けた被害額で、これには政府も緊急財政支援を検討している。

また、この被害額で経営の悪化した企業に対しては、従業員の欠勤分を一部失業扱いにし、社会保障負担金の分割払いを申請できるという施策も打ち出している。

景気回復の兆しがやっと見られた今日この頃、その兆しを打ち消すかのような被害総額にフランス政府も暗澹としている様子。自然災害だけは、人間の力ではどうしたって立ち向かえない。景気の低迷がもうしばらく続きそうだ。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  2. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  3. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  4. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  5. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  6. 数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  7. フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
ページ上部へ戻る