アイスランド火山で325億円の損害に

先週はアイスランドの火山灰によって、空の便が立ち行かなくなっていたが、ここ数日で回復。空の見通しがよくなるのと同時に、火山灰の被害額が明らかになってきている。

フランスでは国内の航空会社や旅行会社の被害額は総額2億6千万ユーロ、日本円にして約325億円にものぼるという計算だ。そのうち1億8千万ユーロが航空会社が受けた被害額で、これには政府も緊急財政支援を検討している。

また、この被害額で経営の悪化した企業に対しては、従業員の欠勤分を一部失業扱いにし、社会保障負担金の分割払いを申請できるという施策も打ち出している。

景気回復の兆しがやっと見られた今日この頃、その兆しを打ち消すかのような被害総額にフランス政府も暗澹としている様子。自然災害だけは、人間の力ではどうしたって立ち向かえない。景気の低迷がもうしばらく続きそうだ。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2011-9-1

    仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  2. 2010-6-25

    フランスで年金受給年齢引き上げ

    日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  3. 2011-8-12

    アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  4. 2009-9-24

    幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  5. 2010-3-10

    産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  6. 2015-7-17

    ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  7. 2007-8-9

    バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
ページ上部へ戻る