エールフランス機、消息不明

5月31日にブラジルを出発したエールフランス447便が大西洋上で消息をたっている。

到着便を迎える予定だったシャルル・ドゴール空港へ、乗客の家族がかけつけ、医師やカウンセラー、神父のケアを受けている。乗客はフランス人の他にブラジル人、イタリア人、ドイツ人、中国人など216人、乗員12人をあわせると228人が搭乗していた。空港へはサルコジ大統領もかけつけ乗客の家族と面会、「エールフランスにとってかつてない大惨事だ」と語った。

今回、機体の発見が遅れているのは、機体がレーダーでカバーされない空域を飛んでいたためだ。いわば大西洋上のブラックホールとも呼ばれる空域だ。

通常だと、航空管制官は機体をレーダーでキャッチしてその位置を確認する。同機は大西洋を横断する前のレシフェでレーダーで確認されていたが、その後大西洋上空で消息を絶った。

レーダーでキャッチされない間は、無線や衛星での交信手段があり一時間ごとに飛行機側が場所を知らせることになっているが、同機からはなかった模様。自動メッセージを通じ、強い乱気流に突入した約15分後、電気系統に問題が生じたと連絡していた。落雷にあった可能性が出ている。

ブラジル空軍が現在も同機の捜索にあたっており、フランスはアメリカに捜索の協力を正式に依頼している。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010-3-12

    フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  2. 2010-7-2

    フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  3. 2010-6-7

    フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  4. 2007-8-9

    バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  5. 2009-9-15

    移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  6. 2008-10-24

    フランスも女子アナ時代

    数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  7. 2018-5-19

    アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
ページ上部へ戻る