エールフランス機、消息不明

5月31日にブラジルを出発したエールフランス447便が大西洋上で消息をたっている。

到着便を迎える予定だったシャルル・ドゴール空港へ、乗客の家族がかけつけ、医師やカウンセラー、神父のケアを受けている。乗客はフランス人の他にブラジル人、イタリア人、ドイツ人、中国人など216人、乗員12人をあわせると228人が搭乗していた。空港へはサルコジ大統領もかけつけ乗客の家族と面会、「エールフランスにとってかつてない大惨事だ」と語った。

今回、機体の発見が遅れているのは、機体がレーダーでカバーされない空域を飛んでいたためだ。いわば大西洋上のブラックホールとも呼ばれる空域だ。

通常だと、航空管制官は機体をレーダーでキャッチしてその位置を確認する。同機は大西洋を横断する前のレシフェでレーダーで確認されていたが、その後大西洋上空で消息を絶った。

レーダーでキャッチされない間は、無線や衛星での交信手段があり一時間ごとに飛行機側が場所を知らせることになっているが、同機からはなかった模様。自動メッセージを通じ、強い乱気流に突入した約15分後、電気系統に問題が生じたと連絡していた。落雷にあった可能性が出ている。

ブラジル空軍が現在も同機の捜索にあたっており、フランスはアメリカに捜索の協力を正式に依頼している。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  2. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  3. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  4. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  5. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  6. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  7. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
ページ上部へ戻る