クリスチャン・ラクロワが経営破綻へ

フランスの高級メゾン「クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)」がパリの商業裁判所に破産を申し立てた。原因は昨年の世界経済の不況によるものだという。

同社は2008年のプレタポルテの人気は受注が35%ほど急激に落ち込み、総売上は3000万ユーロのうち1000万ユーロもの損失を出していた。

2005年には、仏高級ブランドグループ、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンから米免税店グループのファリックに売却されたが、その後も野心的な展開を行い、ラスベガスとニューヨークに新店舗を出すなどアメリカ市場にターゲットを集中させてきた。ところが、その作戦が裏目に出て昨年の世界経済不況のあおりをまともに受け、今回の債務支払い不能に陥った。

ラクロワの経歴は輝かしいもので、フランスを代表するファッションにも影響を及ぼした。2002年フランス最高の勲章レジオン・ド・ヌールを受賞。2003年、2005年に一新されたエールフランスの制服デザインを担当。2004年にはマドンナのワールドツアーの衣装を手がけた。2003年春夏から2006年春夏までエミリオ・プッチのアーティスティック・ディレクターに就任している。

しかし、ファッション業界にのぼりつめたものの、経営に成功したことはない。ラクロアのトピオル最高経営責任者(CEO)は声明で、同社は22年前の創業以来、黒字化に成功していないと発表している。

近くにパリの商業裁判所が更正法の適用を行うか等の判断を下す予定だ。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  2. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  3. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  4. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
  5. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  6. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  7. 2010/10/25

    産休延長へ
    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
ページ上部へ戻る