コルシカ島で夏の火災

コルシカ島では夏に入ってから火災が相次いで発生しており、これまでに3500ヘクタールもの広さが焼失している。

フランスは一時EUに消火活動の支援を要請、欧州委員会は、直ちに市民保護メカニズムでこれに応じ、消防用飛行艇2機を派遣していた。

70件以上もの火災のうち9件は放火によるもので、数名の放火犯が逮捕されている。森林火災は落ち着いたが、放火犯特定の捜査が今後の重要な課題となる。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. Photo: © Philippe Quaisse / UniFranceハッピー・バースデ…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  3. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  4. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  5. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  6. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  7. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
ページ上部へ戻る