コルシカ島で夏の火災

コルシカ島では夏に入ってから火災が相次いで発生しており、これまでに3500ヘクタールもの広さが焼失している。

フランスは一時EUに消火活動の支援を要請、欧州委員会は、直ちに市民保護メカニズムでこれに応じ、消防用飛行艇2機を派遣していた。

70件以上もの火災のうち9件は放火によるもので、数名の放火犯が逮捕されている。森林火災は落ち着いたが、放火犯特定の捜査が今後の重要な課題となる。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  2. 産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  3. 広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  4. 次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  5. フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial