コンコルド墜落事故、初公判行われる

10年前の2000年7月に起きたコンコルド墜落事故について、初公判が行われた。事故は、ニューヨーク行きのエールフランス便に離陸直後に機体トラブルが発生、数分後には墜落、乗員乗客全員が死亡したというもの。

事故の経緯は少し複雑なものだ。まず滑走路にコンチネンタル航空のボーイング機から金属の薄い板がはがれ、その数分後に滑走路を走ったコンコルド機が金属片を踏みタイヤがパンク。破裂したタイヤが燃料タンクを傷付け、燃料タンクを燃焼させ、2分後には墜落した。

墜落の原因はこの金属片だったとするコンコルド社に対して、コンチネンタル航空は別の見解を持っている。金属片を踏む前に既にコンコルド機には火災が発生していたというものだ。コンコルド機は以前からタイヤが十分に丈夫でないとして問題視されていたこともあり、コンチネンタル航空はこの見解で裁判に挑むようだ。

公判は4ヶ月続く予定で、裁判はこの墜落事故の責任の所在を明らかにしようとしている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  2. espace sans tabac

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  3. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  4. フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  5. 中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial