サルコジ大統領、トップセールスに才あり

サルコジ大統領ほど話題に事欠かない大統領はヨーロッパを見渡してもそういないのではないだろうか。イタリアのベルルスコーニ大統領もメディアに騒がれるが、スキャンダルまみれの印象で、サルコジ大統領ほど政治的行動力や発言に注目が集まっているようには思えない。

新年早々、その行動力を見せ付けたのはインドの格安航空会社「インディゴ」へのトップセールスの成功だ。インディゴはエアバスのA320型旅客機を180機発注。総額は1兆3000億円とみられ、類を見ない大型発注となった。

サルコジ大統領は過去にも、トップセールスをまとめるために新興国を頻繁に訪問しており、中国もかっこうのターゲット国。昨年にはエアバス旅客機102機を中国へ売却、フランス原子力大手アレバ社から中国エネルギー企業へ長期ウラン供給、アレバ社の使用済み核燃料再処理施設売却の契約を結び、合計1兆6000億円の商談に成功している。

もちろん、商売だけできればよいのか。という批判もあがるが、国の長としてこれだけの商談をまとめる力は見事としか言いようがない。
新興国へのインフラ供給は先進国にとってのビジネスチャンス。各国の大手企業が入札にしのぎを削っている。日本は民間企業に委ねる部分が多く、官民の提携がまだまだ遅れているとも言われている。サルコジ大統領のように、トップ同士が会談をして大型受注をゲットしてしまう才能は日本の首相には見られないのだ。

トップ同士の会談という点では、先日もアメリカ・ホワイトハウスにて、オバマ大統領に国際通貨制度の改革に対し協力を要請しており、今後両国の動向に注目が集まる案件となっている。

さて、日本の首相はコロコロ変わるから、オバマ大統領と会えた会えないのと騒いでいるだけで、何と悲しいことか。トップ同士がそれなりの会談をきちっとできてこそ、と思わずにはいられない。

サルコジ大統領、普段から暴言とも言える過激な発言に注目を浴びることもあるが、長所のはっきりした大統領。今年も話題の人物となりそうだ。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. セバスチャン・マルニエ監督
    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
  2. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  3. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  4. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  5. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  6. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  7. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
ページ上部へ戻る