サルコジ大統領、退院

体調不良を訴え入院していたサルコジ大統領が27日午前に退院した。カーラ・ブルーニ夫人の出迎えで病院から出てきた大統領は、報道陣に向かって軽く手を振ってにこやかな顔を見せた。

今回、迷走神経失調や心臓病の疑いが周囲で取り沙汰されたが、医師による診断は「Lipothymique」とされ、意識はあるが不調を感じるという症状におさまった。当分、ジョギング等のスポーツは控え、休息が必要だ。

これによって、大統領のスケジュールは減り、近く予定されていたモンサンミッシェルでの文化遺産に関する演説などは延期される予定だ。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  2. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
  3. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  4. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  5. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  6. 2010/10/25

    産休延長へ
    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  7. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
ページ上部へ戻る