ソシエテ・ジェネラル銀行不正取引の公判始まる

2年ほど前、ソシエテ・ジェネラル銀行が、世界に驚愕を与えた不正取引について、初公判が行われた。

不正取引は当時トレーダーとして勤めていたJerome Kerviel氏が関与したものとされ、その額は49億ユーロ(7750億円)にも上る。過去に発表された巨額取引損失額のうち最高額だ。

銀行側の発表としては、Kerviel氏が、与えられた権限を越えた額の先物取引に関与。さらに、その取引を隠蔽するため架空取引を捏造していた。

Kerviel氏は初公判が始まる前にマスコミの取材に対して「私個人の責任ではない。銀行側にも責任がある」と述べている。

一方、ソシエテ・ジェネラル側は「不正取引について銀行は何も知らなかった。この件で銀行は被害者だ。刑事上の責任は彼一人にある」とし、損失額の49億ユーロの損害賠償を求めている。

Kerviel氏は現在33歳、情報コンサルタントとして働く月収は2万3千ユーロだ。この損害賠償額をどう逃れようとしているのか。今後の公判も注目を集めている。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010-12-21

    広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  2. 2011-9-8

    増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  3. 2006-2-18

    結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  4. 2009-12-2

    携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  5. 2011-1-4

    国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  6. 2009-9-24

    幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  7. 2015-7-17

    ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
ページ上部へ戻る