ソシエテ・ジェネラル銀行不正取引の公判始まる

2年ほど前、ソシエテ・ジェネラル銀行が、世界に驚愕を与えた不正取引について、初公判が行われた。

不正取引は当時トレーダーとして勤めていたJerome Kerviel氏が関与したものとされ、その額は49億ユーロ(7750億円)にも上る。過去に発表された巨額取引損失額のうち最高額だ。

銀行側の発表としては、Kerviel氏が、与えられた権限を越えた額の先物取引に関与。さらに、その取引を隠蔽するため架空取引を捏造していた。

Kerviel氏は初公判が始まる前にマスコミの取材に対して「私個人の責任ではない。銀行側にも責任がある」と述べている。

一方、ソシエテ・ジェネラル側は「不正取引について銀行は何も知らなかった。この件で銀行は被害者だ。刑事上の責任は彼一人にある」とし、損失額の49億ユーロの損害賠償を求めている。

Kerviel氏は現在33歳、情報コンサルタントとして働く月収は2万3千ユーロだ。この損害賠償額をどう逃れようとしているのか。今後の公判も注目を集めている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  2. 国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  3. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  4. フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  5. 増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial