パリジェンヌのパリ20区散歩(ドラ・トーザン著)

パリジェンヌのパリ20区散歩もっと深くパリを知りたい人にパリジェンヌが贈るとっておきのパリ案内。
パリという街の個性と魅力を語る上で欠かすことのできない「区」をテーマに、生粋 パリジェンヌの著者が愛して止まない「とっておきのパリ」の見どころをご案内。あ りふれたガイドブックでは知ることができないパリの魅力を深く親しく味わえる1冊。

*2007年3月に刊行された『パリジェンヌのパリ20区散歩』(ポプラ社刊)に加筆、再 編集を加えて文庫化しました。

<目次より>
1区 パリのはじまり ルーヴル、シテ島などパリの顔でもある場所
2区 屈指 のおしゃれスポットがあるモードの世界
3区 美しいパリの街並みが感じられる 高感度なマレ地区
4区 貴族の街から陽気でおしゃれなゲイタウンに
5区 インテリ左派と学生の街カルチェ・ラタン
6区 サンジェルマン・デ・プレの知 的な生活 etc

<コラム>
【ポンピドゥ・センター】ニックネームは「ボーブール」
【ゾーン・ピエトン】歩 行者に取り戻されつつあるパリ
【サン・ルイ島】パリの楽園 etc

<著者> ドラ・トーザン Dora Tauzin
エッセイスト。国際ジャーナリスト。東京とパリを行き来しながら「日仏の架け橋」
として新聞、雑誌等への執筆や講演、テレビ・ラジオ出演など多分野に活躍する 生粋のパリジェンヌ。『ママより女』、『パリジェンヌ流 今を楽しむ!自分革命』 など著書も多数。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  2. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  3. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  4. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
  5. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  6. 7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  7. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
ページ上部へ戻る