パリジェンヌのパリ20区散歩(ドラ・トーザン著)

パリジェンヌのパリ20区散歩もっと深くパリを知りたい人にパリジェンヌが贈るとっておきのパリ案内。
パリという街の個性と魅力を語る上で欠かすことのできない「区」をテーマに、生粋 パリジェンヌの著者が愛して止まない「とっておきのパリ」の見どころをご案内。あ りふれたガイドブックでは知ることができないパリの魅力を深く親しく味わえる1冊。

*2007年3月に刊行された『パリジェンヌのパリ20区散歩』(ポプラ社刊)に加筆、再 編集を加えて文庫化しました。

<目次より>
1区 パリのはじまり ルーヴル、シテ島などパリの顔でもある場所
2区 屈指 のおしゃれスポットがあるモードの世界
3区 美しいパリの街並みが感じられる 高感度なマレ地区
4区 貴族の街から陽気でおしゃれなゲイタウンに
5区 インテリ左派と学生の街カルチェ・ラタン
6区 サンジェルマン・デ・プレの知 的な生活 etc

<コラム>
【ポンピドゥ・センター】ニックネームは「ボーブール」
【ゾーン・ピエトン】歩 行者に取り戻されつつあるパリ
【サン・ルイ島】パリの楽園 etc

<著者> ドラ・トーザン Dora Tauzin
エッセイスト。国際ジャーナリスト。東京とパリを行き来しながら「日仏の架け橋」
として新聞、雑誌等への執筆や講演、テレビ・ラジオ出演など多分野に活躍する 生粋のパリジェンヌ。『ママより女』、『パリジェンヌ流 今を楽しむ!自分革命』 など著書も多数。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  2. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  3. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  4. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  5. 毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  6. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  7. セバスチャン・マルニエ監督
    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
ページ上部へ戻る