フランス、自転車不足で修理に補助金

フランス政府は自転車の修理費用に50ユーロを支給する制度を3ヶ月延長します。
期限は3月31日までとなります。

現在自転車の新車を手に入れることはほとんど不可能な状態です。
自転車はメーカーも供給できない状態が続いています。

今年は自転車がとても良く売れました。
国内の自転車販売が11%も増加したことが品薄の原因です。

製造工程にも遅れが出ているため納期も伸びています。
様々な部品が不足しています
特にフレームの4分の3は台湾から来ますが、
商業フライトも減っているため、部品がなかなか揃いません。

それに加えて自転車パーツのメーカーの中には、営業停止しているところもあるため、組み立てができないのです。

その結果、在庫もなければ販売もできないと言う状態なのです。
品薄の状態はクリスマスの影響でさらに深刻になりそうです。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  2. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  3. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  4. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  5. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  6. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  7. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
ページ上部へ戻る