フランスに行ったら楽しみたい、ガンゲット再び大人気

ガンゲット(guinguette)とは、郊外の森や川沿いにあるパブ、酒場、ダンスホールのこと。大衆ダンスホール、水辺の心地よい午後、昔ながらのたっぷりとした食事、そうした古き良き時代の雰囲気を楽しめるこのガンゲットが今、再びフランスで人気を集めています。

リヨンではソーヌ川沿い、パリ地方ではソーヌ川やマルヌ川のほとりのガンゲットに人々が集まるようになっています。ナントからアンジェにかけて点在するガンゲットは、ロワール川の川岸に彩りを添えて、生きる喜びや良い休暇を求める人たちを幸せな気分にしています。

老舗有名店『シェ・ジェジェーヌ』は、パリ近郊ポルト・ド・ベルシーの程近く、ジョアンヴィル=ル=ポンにあり、いつも大にぎわいです。ここを訪れる客のお目当ては、テラス席やマルヌ川を臨む景色など、心地よい店の雰囲気や、悩ましげなタンゴや激しいロックンロール、そして名物料理を味わうことです。

ガンゲットの復活に伴って、今注目を集める場所でビストロや日曜日のランチも増えています。リヨンでは数年間にわたり河岸でガンゲットのイベントが開催されたほか、ソーヌ川沿いのモン・ドール地区には趣のあるガンゲットが何軒も営業しています。

川沿いで食事や音楽を楽しむ賑やかな光景は、ゆったりとしたもの。遠出をすると費用がかさむので、近くのガンゲットで楽しもうとする流れは、外食を控えて家食を楽しむ人が増える日本とちょっと似ているのかもしれませんね。フランス観光を計画している方、ガンゲットを日程に組み込むと古き良きフランスを楽しめることでしょう。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  2. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  3. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  4. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  5. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  6. 7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  7. セバスチャン・マルニエ監督
    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
ページ上部へ戻る