フランスに行ったら楽しみたい、ガンゲット再び大人気

ガンゲット(guinguette)とは、郊外の森や川沿いにあるパブ、酒場、ダンスホールのこと。大衆ダンスホール、水辺の心地よい午後、昔ながらのたっぷりとした食事、そうした古き良き時代の雰囲気を楽しめるこのガンゲットが今、再びフランスで人気を集めています。

リヨンではソーヌ川沿い、パリ地方ではソーヌ川やマルヌ川のほとりのガンゲットに人々が集まるようになっています。ナントからアンジェにかけて点在するガンゲットは、ロワール川の川岸に彩りを添えて、生きる喜びや良い休暇を求める人たちを幸せな気分にしています。

老舗有名店『シェ・ジェジェーヌ』は、パリ近郊ポルト・ド・ベルシーの程近く、ジョアンヴィル=ル=ポンにあり、いつも大にぎわいです。ここを訪れる客のお目当ては、テラス席やマルヌ川を臨む景色など、心地よい店の雰囲気や、悩ましげなタンゴや激しいロックンロール、そして名物料理を味わうことです。

ガンゲットの復活に伴って、今注目を集める場所でビストロや日曜日のランチも増えています。リヨンでは数年間にわたり河岸でガンゲットのイベントが開催されたほか、ソーヌ川沿いのモン・ドール地区には趣のあるガンゲットが何軒も営業しています。

川沿いで食事や音楽を楽しむ賑やかな光景は、ゆったりとしたもの。遠出をすると費用がかさむので、近くのガンゲットで楽しもうとする流れは、外食を控えて家食を楽しむ人が増える日本とちょっと似ているのかもしれませんね。フランス観光を計画している方、ガンゲットを日程に組み込むと古き良きフランスを楽しめることでしょう。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  2. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  3. 日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  4. フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  5. ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial