フランスの刑務所、自殺者増加

フランスの刑務所は先進国の中でも劣悪な環境だと批判されており、ヨーロッパでも囚人の自殺者が最も多い国の一つにあたる。

今年に入ってからの囚人の自殺者は81人にも上ると発表され、この3年間で自殺者は増加傾向にあるという。

自殺者の多い刑務所は、老朽化や収容人数以上を上回る受刑者が収容され過密していることが原因と考えられるが、新しく建てられた近代的な刑務所でも自殺者が出るケースもある。

こういった状況をふまえアリオット・マリー法相は自殺者を減らす対策を講じると発表している。

対策の内容としては看守の育成から、独房の首吊りなどに使用されぬよう切り裂くことのできない衣服の導入など。

フランスでは、看守が労働条件の改善を求めたストライキを起こすなど、刑務所の問題はあとをたたない。刑務所の実態を描いた小説「Le ciel sur la tête」も出版されるなど、とかく世論の注目を集めている問題だ。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  2. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  3. 国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  4. 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
  5. 便利なパリ、グランパリ計画

    フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial