フランスの次世代原子力発電所はフランス北西部のノルマンディー地方に最大級の原子炉を建設中で、当初は2014年に稼働予定だったが、2度の事故と、福島原発の事故を受け、設計変更と安全検査を行い、2年延期し2016年に稼働することになった。

この原子力発電所は、パリ市の電力をまかなえるほどの発電量で、鉄筋コンクリート製の二重の格納容器はジャンボジェット機が墜落しても絶えられるほどの安全性を持っている。

この設計は、以前にもお伝えしたようにヨーロッパ型加圧型沸水炉(EPR)で、現在4機が建設中である。中国の2機を除き稼働は延期となる模様だ。検討中だったアメリカやイギリスやインドのプロジェクトは延期、イタリアやアブダビは白紙になっている。

特にコストが掛かることが問題になっており、今回の設計変更で27億ユーロ増え、建設費は60億ユーロに膨れあがるとされている。福島の事故を受けさらなる設計変更は考えられるが、内部の排水用や緊急時用のポンプは4倍に増やすことになっている。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. パリではワインオークションが行われ、最高級のワインの取引が行われた。注目されたのは1788年もののコ…
  2. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  3. バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  4. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  5. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  6. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  7. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
ページ上部へ戻る