フランスの引越控え

不景気の流れが、フランスの引越事情にも影響を与えている。

フランスでは今年に入り、新築物件の売上件数が30〜35%マイナスに投じており、全体の引越件数が減少。さらに、引っ越しをする人も業者に頼むのではなく、自分たちの手で引っ越しを行うケースが増えているため、引越業界は昨年よりマイナス25%も売上が減っているという。

引っ越しを行う人で業者に頼むのはたった20%。80%の人が親族が知人友人に協力をお願いし、日数は長くかかっても引越代を安くおさえることに余念がない。

おかげで引越業界も、これまでのように配送スタッフがつかず、段ボールとトラックなど「箱」だけのレンタルサービスを始めるなど、新サービスやサービス価格の設定に必死だ。

引越控えは長引くのか。打撃を受ける中小企業の値引き合戦は止みそうにない。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 子だくさんフランス

    今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  2. フランスの犬事情

    フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  3. 増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  4. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  5. 国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial