フランス大使館引越し

フランス大使館は新庁舎に移ります。

大使館新庁舎は5階建て(地上4階・地下1階)で、事務所面積は4,500m²、都内に分散している部署も含めて全部署(職員約180人)が入居します。2008年4月に準備工事に着手、新庁舎は2009年10月に竣工する予定です。高級レジデンスは総戸数約60-80戸で、野村不動産株式会社・三井物産株式会社が事業主体として販売等を行い、順調に進めば、2010年初め頃着工、2012年初め頃竣工予定です。

このプロジェクトは、2008年の日仏交流150周年に当たり、日本におけるイメージの刷新、活動の活性化、戦略的パートナーとの関係強化などをめざすフランスの象徴的な事業です。都内のオフィスビルに入居している部署も、近代的で機能的な新庁舎に入居することで、大使館内の風通しもよくなり、全体のまとまりも強化され、日本のパートナーおよび在日フランスコミュニティに対してよりよいサービスを提供できるでしょう。この意欲的なプロジェクトは、国家政策である国有不動産資産の合理化、国家財政の節約、民間とのパートナーシップの推進、環境への配慮などにも完全に則すものです。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  2. フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  3. バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  4. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
  5. 日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  6. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  7. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
ページ上部へ戻る