フランス大使館引越し

フランス大使館は新庁舎に移ります。

大使館新庁舎は5階建て(地上4階・地下1階)で、事務所面積は4,500m²、都内に分散している部署も含めて全部署(職員約180人)が入居します。2008年4月に準備工事に着手、新庁舎は2009年10月に竣工する予定です。高級レジデンスは総戸数約60-80戸で、野村不動産株式会社・三井物産株式会社が事業主体として販売等を行い、順調に進めば、2010年初め頃着工、2012年初め頃竣工予定です。

このプロジェクトは、2008年の日仏交流150周年に当たり、日本におけるイメージの刷新、活動の活性化、戦略的パートナーとの関係強化などをめざすフランスの象徴的な事業です。都内のオフィスビルに入居している部署も、近代的で機能的な新庁舎に入居することで、大使館内の風通しもよくなり、全体のまとまりも強化され、日本のパートナーおよび在日フランスコミュニティに対してよりよいサービスを提供できるでしょう。この意欲的なプロジェクトは、国家政策である国有不動産資産の合理化、国家財政の節約、民間とのパートナーシップの推進、環境への配慮などにも完全に則すものです。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
  2. 子だくさんフランス

    今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  3. ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  4. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  5. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial