フランス核実験で人体実験も、、、

フランスが核実験を行っていた事は、日本でも話題に上がったことで、多くの人が知っている事だろう。しかしフランス政府は、被爆者は一人もいないとしてきた。世界中どこの国でも核実験をオープンにして行う国があるわけ無いので、実際何か事故があったとしても、秘匿は難しくないだろう。

しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC)」が入手した軍事機密文書では、1960年代初頭アルジェリアのサハラ砂漠で行われた核爆発直後、約20分〜1時間後に爆心へ向け兵士を徒歩で進ませて、穴を掘るなどの作業を命じ、健康状況や心理への影響なども調べていたことが分かった。

この報告書は機密書類だが、モラン仏国防相は本物であると認めて後日、兵士などの被爆の程度を調査しデータを公表すると発言した。近年フランスの核実験による被爆者やその遺族が補償を求めたり、核実験の退役軍人協会などが結成されている。

最近テレビで「不毛地帯」という大本営参謀にいた元軍人の半生を描いたドラマが放映されているが、終戦直後の話というのはなかなか知らされていない。ある大本営参謀で終戦処理を任じされた人の話を聞くと、当時原爆が落とされた広島の状況は全く分からず、この方が現場の被害調査をしたそうだ。その後、急性白血病にかかってしまったが、マッカーサーとの折衝などを行ったという。

米軍は、まず一番はじめに吉原などの赤線地帯(風俗街)を兵隊の性欲処理として接収を要求したが、その後原爆の被害などの日本側の調査など全てを奪っていったという。そのくらい、当時は原爆に関するデータ収集が重要だったかを物語っているだろう。

次の戦争は核戦争だと思われていた当時、独自路線を歩んでいたフランスも例外ではなく、想像を超える非人道的な事が行われていたようだ。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本

YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. espace sans tabac
ページ上部へ戻る