フランソワ・フィヨン改造内閣発足

フランソワ・フィヨン改造内閣が発足し、新内閣38人による会議が行われました。会議ではサルコジ大統領から「改革が必要である」と繰り返し主張され、新内閣への意気込みが感じられるものとなりました。

今回は、元ミッテラン大統領の甥フレデリック・ミッテラン氏の入閣がフランスで話題をよんでいます。

新入閣した8人は下記の通りです。

フレデリック・ミッテランー文化・通信大臣

ミシェル・メルシエー農業地域・国土整備大臣

アンリ・ド・ランクールー国会関係調整担当大臣

クリスチャン・エストロジー産業担当大臣

ピエール・ルルーシューヨーロッパ問題担当大臣

ノラ・ベラー高齢者担当大臣

ブノワ・アパリュー住宅・都市計画担当大臣

マリー=リュス・パンシャールー海外県・海外領土担当大臣

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. セバスチャン・マルニエ監督
    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
  2. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
  3. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  4. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  5. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  6. フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  7. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
ページ上部へ戻る