フランソワ・フィヨン改造内閣発足

フランソワ・フィヨン改造内閣が発足し、新内閣38人による会議が行われました。会議ではサルコジ大統領から「改革が必要である」と繰り返し主張され、新内閣への意気込みが感じられるものとなりました。

今回は、元ミッテラン大統領の甥フレデリック・ミッテラン氏の入閣がフランスで話題をよんでいます。

新入閣した8人は下記の通りです。

フレデリック・ミッテランー文化・通信大臣

ミシェル・メルシエー農業地域・国土整備大臣

アンリ・ド・ランクールー国会関係調整担当大臣

クリスチャン・エストロジー産業担当大臣

ピエール・ルルーシューヨーロッパ問題担当大臣

ノラ・ベラー高齢者担当大臣

ブノワ・アパリュー住宅・都市計画担当大臣

マリー=リュス・パンシャールー海外県・海外領土担当大臣

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  2. 幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

    幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  3. アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  4. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  5. フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial