フランソワ・フィヨン改造内閣発足

フランソワ・フィヨン改造内閣が発足し、新内閣38人による会議が行われました。会議ではサルコジ大統領から「改革が必要である」と繰り返し主張され、新内閣への意気込みが感じられるものとなりました。

今回は、元ミッテラン大統領の甥フレデリック・ミッテラン氏の入閣がフランスで話題をよんでいます。

新入閣した8人は下記の通りです。

フレデリック・ミッテランー文化・通信大臣

ミシェル・メルシエー農業地域・国土整備大臣

アンリ・ド・ランクールー国会関係調整担当大臣

クリスチャン・エストロジー産業担当大臣

ピエール・ルルーシューヨーロッパ問題担当大臣

ノラ・ベラー高齢者担当大臣

ブノワ・アパリュー住宅・都市計画担当大臣

マリー=リュス・パンシャールー海外県・海外領土担当大臣

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  2. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  3. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  4. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
  5. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  6. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  7. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
ページ上部へ戻る