ミシュランタイヤ経営難へ

ミシュランガイドでお馴染みのミシュランタイヤだが、実はタイヤ市場の後退によって経営難に陥っている。

フランスで生産されたタイヤは前年より25%減少しており、その痛手は大きい。現在工場の稼働率は50%に落ち込んでいる。フランス国内には15カ所のミシュランタイヤの工場があり、どこの工場からかは不明だが、1000人の雇用削減の計画が発表されている。解雇という表現にはいたっていないものの、「削減」という言葉の意味は労働者にとっては同じようなものかもしれない。

大手タイヤ老舗メーカーのミシュランタイヤは、全世界には11万7000人、フランス国内には25000人の従業員を抱える。労組との協議も近いうちに開催され、転職の支援対策などが提案されると伝えられている。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日・仏社会保障協定発効

    現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  2. 産休延長へ

    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  3. 増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  4. フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  5. アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
ページ上部へ戻る