リストラで破壊行為激化

フランスではリストラや工場閉鎖にともない労使対立が激化している。Vendee県のエスカーエフの工場では機械が工場前で燃やされるという大胆な事件が起きている。労働者はリストラでの手当は2万5000ユーロが約束されているが、3倍は必要、と交渉をするつもりだ。

こういった破壊行動は他にも発生しており、これまでにガスボンベを工場に持ち込み補償金を獲得した労働者たちもいる。

今年の3,4月頃には交渉のため上司や役員を監禁する事件も多発しており、不安定な雇用状況のもと労働者の不満は爆発、とどまるところを知らない。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  2. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  3. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  4. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  5. フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  6. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  7. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
ページ上部へ戻る