リストラで破壊行為激化

フランスではリストラや工場閉鎖にともない労使対立が激化している。Vendee県のエスカーエフの工場では機械が工場前で燃やされるという大胆な事件が起きている。労働者はリストラでの手当は2万5000ユーロが約束されているが、3倍は必要、と交渉をするつもりだ。

こういった破壊行動は他にも発生しており、これまでにガスボンベを工場に持ち込み補償金を獲得した労働者たちもいる。

今年の3,4月頃には交渉のため上司や役員を監禁する事件も多発しており、不安定な雇用状況のもと労働者の不満は爆発、とどまるところを知らない。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2011-7-11

    フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  2. 2009-11-19

    幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

    幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  3. 2009-9-24

    幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  4. 2010-6-7

    フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  5. 2009-12-18

    中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
  6. 2009-8-13

    フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  7. 2009-12-4

    フランスの犬事情

    フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
ページ上部へ戻る