ワクチン接種のすすめ

ヨーロッパでは夏に季節に入ったにもかかわらず、新型インフルエンザの感染者数が増加している。イギリスでは先週、新型インフルエンザによる死者が増え、これまでであわせて29名が死亡したと伝えられている。

スペインでは感染の疑いがあるとして、中国に滞在中のスペイン人グループが隔離されるという事態も発生している。

フランスでは爆発的な感染が懸念される秋口に向けて、ワクチン接種に関する政府の対応が発表された。政府は1億回分のワクチンを発注しており、10月から1月にかけて納品される予定だ。

ワクチンの接種は2回打つ必要がある。1回目と2回目の間に3週間あければよい。接種は義務ではないが、特に、医師や看護師、妊婦や子供(3〜18才)、糖尿病などの持病を持つ人への接種が薦められている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  2. 国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  3. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  4. フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  5. フランス核実験で人体実験も、、、

    しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial