ワクチン接種のすすめ

ヨーロッパでは夏に季節に入ったにもかかわらず、新型インフルエンザの感染者数が増加している。イギリスでは先週、新型インフルエンザによる死者が増え、これまでであわせて29名が死亡したと伝えられている。

スペインでは感染の疑いがあるとして、中国に滞在中のスペイン人グループが隔離されるという事態も発生している。

フランスでは爆発的な感染が懸念される秋口に向けて、ワクチン接種に関する政府の対応が発表された。政府は1億回分のワクチンを発注しており、10月から1月にかけて納品される予定だ。

ワクチンの接種は2回打つ必要がある。1回目と2回目の間に3週間あければよい。接種は義務ではないが、特に、医師や看護師、妊婦や子供(3〜18才)、糖尿病などの持病を持つ人への接種が薦められている。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  2. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  3. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  4. バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  5. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  6. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  7. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
ページ上部へ戻る