中国工場を閉鎖しフランスへ

ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。

中国では人件費が安いことから、経費削減を狙い工場を移転するものの、生産ラインにのせるまでにいたらず、引き払ってしまうのだという。

その原因となるのは、やっぱり人の部分。製造ミスや納期が遅れるなどミスが続くうちに、結局は余計なコストがかかってしまうのだ。船で送られる予定のものがフランスへ届かず、航空便で手配することになった。船で送られてくる納品物が、パッキングが不十分だったために水に浸かって使い物にならなくなってしまった。そんな経営者の嘆きは続く。

2009年は50社が中国からフランスへ戻って工場をやり直したという。

フランスでは機械の導入を進め、人件費を抑えるように工夫。もちろん、それでも新規雇用がいくつか生まれる。

中国への工場移転ラッシュがあった時、こんな人為的ミスに泣くことになるだろうと何となく想像できたのはお隣の国、日本人なら少なからずいたのではないか。中国の目覚しい経済成長は世界経済をリードすることになるかもしれない。とはいえ、高い労働力を提供できるかは定かではないということだろう。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  2. パリではワインオークションが行われ、最高級のワインの取引が行われた。注目されたのは1788年もののコ…
  3. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  4. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  5. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  6. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  7. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
ページ上部へ戻る