便利なパリ、グランパリ計画

フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。
空港と市内のビジネス街を一本で結ぶ高速鉄道の計画が目玉となっているが、日本でも似たような話があったのが記憶に新しい。

先日、千葉県知事に当選した際、森田県知事が掲げた成田から羽田にかけてのリニアモーターカー構想だ。実現に向けて世論は賛否両論のようだが、日本の玄関口である成田空港が都心にこれだけ遠いのはいかがなものか、とは誰もが一度は思ったことがあるのではないだろうか。ちなみにこのリニア構想は事業費が1〜3兆円ほど。直結できれば13分で成田と羽田を結ぶものだ。

日本がもたもたしている間に、上海では空港からダウンタウンまでの30キロの距離を7分間、最高時速430kmで走るリニアが存在しており、完全に負けている。

都市計画は国の要。サルコジ大統領が先陣切って発表しているあたりその力の入れようが感じられる。

グランパリでは、シャルル・ドゴール空港と市内のビジネス街、オルリー空港を一本で結ぶ予定。科学研究地区やリュックベッソン監督の映画都市地区も結ばれ、迅速かつ大勢の足となるとして期待値は高い。時速130キロで予算は350億ユーロの見込みだ。

さらパリからルアーブル港を一時間で結ぶ交通網も発表されており、港からは欧州北部の主要都市に近づくことが狙いだ。

こうしたパリの都市計画、もちろん巨額の費用が必要とされるもの。財源確保が今後も課題として残りそうだ。2012年からの建築予定で、新しく便利なパリに会えるまではまだまだ遠い先の話となりそうだ。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  2. フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  3. 広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  4. バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  5. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial